吉田:製造業は、研究開発費を投資して、工場を建てて、ラインを整えて、と、何千億円ものリスクを負って商品を作りますよね。それをどう回収するかといえば、商品ができたら広告をうまく打つことで、消費者の購買欲求を喚起して、それで初めて大儲けにつなげていける。

 そういう製造業が研究開発の成果であるスペックに走るのは、僕だって理解できるんですよ。だけど、そのスペックが市場に通じるという観点であれば、ソニーやパナソニックが、サムスンに負けるはずはなかった。でも負けてしまったのはなぜか。それはつまり、ブランド競争で負けてしまったということなんですよ。

:日本のテレビは知らないうちに、リモコンのボタンがめちゃくちゃ多くなって、もうわけが分からなくなっているよね。

「孤独に効く」より画素数を、省電力を

吉田:高い技術開発力があると、「あれもできます、これもできます」になるんだけど、そんなややこしい機能、消費者は別に求めてはいないでしょう。ブランドを考えるときに、商品のもつ本質を考え抜くことは必須なのに、技術競争にかまけて、その本質を突かなかった。

:確かに、その商品があることの意味を突き詰めていい、ということであれば、広告は変わるんだよね。たとえばテレビであれば、「孤独に効く」というテーマで深いキャンペーンはできますよ。でも普通、それは売り上げに結び付かないと言われて、それよりもスペックを言ってください、というようなセールスプロモーションの方向に行っちゃうんですよ。

吉田:ブランド形成ではない方向にね。

:クライアントが僕たちに向かって「『what to say』について、一緒に考えよう」と言ってくれるだけで、表現はずいぶん違ってくるのに、それができていないもどかしさがありますね。

(→後編に続きます)

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。