:だから、酸っぱいブドウみたいな感じで、対象をだめなものとして考えていたんだけど、老眼鏡を掛けたら、「いや、やっぱり、本は面白いな」と。一時は、「本ってもうだめだな」みたいな方にいっていたんだけどね(笑)。

メディアとしての活字はもう終わった、みたいなことで。

:終わった、みたいなことを言っていたけど、そうじゃないんだ、俺が終わったんだ、と(笑)。

小田嶋:俺は太ってから、まだ自分に納得できていない。

:いや、もう長いじゃない、だって、それは。

鏡を見るたびに、新鮮な驚きが

小田嶋:長いんだよ。17~18年になるのかな、太ってから。それでもまだ鏡を見るたびに、びっくりするんだよ。「あれ? これ誰?」って。

 だって俺、自意識はずっと若いころの、ひょろひょろのままな感じだから。それは自分でも絶対に動かさないわけ。だから写真とかも、もう見ない。鏡もある角度でしか見ない。そうじゃない遠慮のない角度だとか、撮られた写真とかを見ると、「これは俺じゃない」って。

:女優みたいだね、お前(笑)。

小田嶋:写真って、それが一番だめなところだよね。鏡の見方というは身に付けているんだけど。

:俺なんか、写真を撮られるときは必ず眼鏡を掛けている。眼鏡を掛けているということは変装していることだから、俺じゃないんだ、と。どんなに年老いていても、変装しているから、それは俺じゃない。

小田嶋:必要だよね。だから、スーツを着て仕事をするって、わりとそういうところがありますよね。

:必要なんだよ、これ、スーツ。

小田嶋:俺なんかは、原稿を書くときは黒帯を締めるとか、ね。

スーツが、僕に冷たいことを言わせるんです

:スーツの方が明らかに仕事をしやすいんですよ。冷酷なことも嫌なことも言えるしさ。

小田嶋:俺じゃない、スーツが言わせているんだ、みたいなところでね。

小田嶋さんはスーツを着ることは?

小田嶋:ないですね。全然だめなの、俺そういうの。

:俺はネクタイしている方がよっぽどいい。

小田嶋:新卒で勤めた企業時代にね、あれがトラウマになっちゃっているのかもしれないね。ネクタイをするともう、キリキリと気持ちが小さくなっちゃって。

:そんなに縮むの?

小田嶋:もうだめ。

:スーツで?

小田嶋:サラリーマン養成ギプスみたいで。

でしたら、今後はちょっと着てもらいたいですね。その前に締め切りを守ってください。

小田嶋:すみません。(キリキリ)

日経ビジネスオンラインの大人気連載が、再び書籍化されました。
「人生の諸問題・シーズン2」に、内田樹さんと小田嶋隆さん、高木豊さんと岡康道さんの対談を加えて大幅加筆。
グローバル化を超える人生哲学、ガラパゴス化。その深淵を語り尽くします。

お買い求めはこちらから

大好評の単行本第一弾『人生2割がちょうどいい』も絶賛発売中! 併せて読めば人生も残暑もスイスイ、乗り切れること請け合いです。

『人生2割がちょうどいいは』こちらからどうぞ。

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。