本記事は2010年9月6日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

 お待たせしました、1年ぶりに「人生の諸問題」が先週から復活。そしてなんと講談社さんから、第1シーズンの単行本『人生2割がちょうどいい』に続いて、第2シーズンを編集・加筆した『ガラパゴスでいいじゃない』が、8月26日に発売になります。

 いや、本当にお待たせしました。ということで第3シーズンは前回(世間なんて相手にせずに、「ガラパゴス」でもいいじゃない?)に続き、「文化というガラパゴス」と、「経済というグローバル」の関係について、お話を続けてまいります。ネットを介して、経済や世間からの影響が、広告やコラムの表現という「ガラパゴス」に押し寄せてくる時代に、おふたりはどんな未来を見るのでしょう。

前回から読む)

:…だから何だろうね、ツイッターとか何やかやで、みんなの声が――って「みんな」の声ってカッコ付きの声なんだけど、それが聞こえないときの方が広告はやっぱり面白かったよね、作るほうも見る方も。

ガラパゴスのほうが楽しかった?

コラムニスト 小田嶋隆氏(写真:大槻純一、以下同)

小田嶋:これは有名な話なんだけど、どこかのブログが炎上したときに、その何千という書き込みのログを全部取ってみたら、結局、5人ぐらいの人間だった、という話もあるぐらいで、いくら炎上だとはいっても、そんなに何千人が書き込みに来るわけじゃないんだよね。

:広告のクライアント企業も、身を守るためにという理由で、自社広告に批判的なコメントを集めているからね。そうすると作る方としては、面白いことはできなくなっちゃうんですよ。

アメリカでは炎上ってよくあるのでしょうか。

:アメリカって、何をやるにも本名じゃないといけないっていうムードがあるでしょ。

小田嶋:というか、あんまり掲示板自体が流行らないって聞いた。

:ネットでも、カルチャーの違いはあるだろう。

小田嶋:アメリカはわりとブログがベースにあって、匿名で物を言うことでは満足ができない人たちでしょう。だって向こうで一番流行っているSNSが「フェースブック」だもんね。自分の発言として、本名と顔を付けていないと満足できない、というメンタリティで、スピーチ訓練の時間が学校にあるような国の人たちって、そうなのかもしれないよね。

ネガコメの原因は「拒否された」気持ち?

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

:アメリカはアメリカで問題を抱えているけど、だけどこんなになっちゃったらさ、よっぽどアメリカの感性の方がまともだと思うよ。もうびびり過ぎだもん、日本中が。

小田嶋:ネガティブコメントって、それを見たり読んだりする側にとっては、アタマに来た、という「怒り」よりは、分からなかったとか、共感できなかったとかしたときの「失望感」がベースになっていたりするみたいだけどね。

:それは、自分だけのけ者にされたような疎外感があるということ?

小田嶋:そう、疎外感。

:広告の表現へのネガティブコメントについて言えば、「分からない」ということだけじゃないと思うんだよね。

続きを読む 2/5 タダで見せると芸が荒れる

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。