本記事は2009年9月4日に「日経ビジネスオンライン」の「人生の諸問題」に掲載されたものです。語り手の岡 康道さんが2020年7月31日にお亡くなりになり、追悼の意を込めて、再掲載させていただきました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

(日経ビジネス電子版編集部)

岡さんはアメフトの試合に勝ったんですよね。

:勝ちましたね。

一同:おめでとうございます。

※ここで解説をちょっと。2009年6月某日、岡康道がクォーターバックを務めるアメリカン・フットボールのシニアチーム「U59(アンダーフィフティナイナーズ)」が、結成後、初めての試合を行い、12対6で勝利した。(写真:大槻 純一、以下同)

小田嶋:どこを相手にしたの?

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

:「江戸川フットボール連盟」という、老舗のプライベートリーグがあるんだよ。そこは正式加盟が8チーム、それとは別に8チームが準加盟のようになっていて、とにかく傘下に16チームある。

 そのリーグが、僕らの対戦相手として30歳代の選手と、引退して1、2年とか2、3年とかの、まだ動けるメンバーを集めて、簡単に言うと“オールド・オールスターズ”みたいなチームを作ってくれたんです。

小田嶋:あの試合の日って、朝からすごい雨だったでしょう。俺はね、同じマンションの1階にあるコンビニに行くのも嫌で。

:すごい雨だった。

そこまでしてグランドに立ちたいか

小田嶋:さすがにこれほどひどい雨だと、やっていないんじゃないかと思ったけどね。何しろ高齢のチームだから。

:いや、中止はあり得ない。これが雪なら中止だよ。なぜ雪で中止になるかというと、ラインが見えなくなるから。でも、ラインが見える限りは、どんな天候でもやる。

なぜそういうルールなんですか。

:なぜ、と言われても・・・・・・。だって屋外スポーツなんだから、どんな天候だろうとやると、そういうことですよ。

小田嶋:サッカーもそうだよね。

:そうですよ。ラグビーだってやる。基本的には全部やる。

小田嶋:野球以外はみんなやりますね。

:っていうかさ、ドラマチックなんだよね、雨って。あの日は土砂降りで、もうグラウンドがけぶっていてさ。

小田嶋:アドレナリンが出るでしょう。

:出る、出る。だって、最初から泣いているやつがいた(笑)。おい、まだ始まっていないよ、って。彼は、42歳。

小田嶋:・・・・・・。

:そいつはね、またそれなりのドラマがあるんだよ。体重が105キロぐらいあるやつなんだけど、現役時代はケガに泣いて1試合も出たことがなかったんだ。それでその思いをひきずったまま20年たって、ついに先発出場する日が来た、と。

木曜日から仕事が手に付かない

小田嶋:「ビックコミックオリジナル」に出てきそうな話だな。

:そいつだけじゃないよ。僕たちは同じメンバーで週に1回の練習を1年半も積み、2度も合宿を組み(笑)。その試合の日が日曜日でしょう。木曜日の練習のときから、もうチームは緊張状態に入っているんだよ(笑)。みんな普段の仕事では、まずいな、という事態ぐらいはあるけれど、緊張はしなくなっちゃっているわけです。それが、今、俺は緊張している、って感じになって、木曜日ぐらいから、地に足が着いていなくなっているんだよ。

コラムニスト 小田嶋隆氏

小田嶋:それで、いい具合に土砂降りになって。

:試合には勝ったんだけど、相手をしてくれた30代のチームが、平均年齢46歳の俺たちをまったくなめていた、ということが、まず僕たちの根本的な勝因だったと思いますね。こっちは試合の立ち上がりに2本、タッチダウンを連取したわけ。

小田嶋:お、すごい。

:それで向こうは俄然、本気になったんだけど、やっぱり試合の流れというものがある。その後、僕たちはずーっと押されて、ただただ耐えたんだけど。相手方にタッチダウンを1本取られて、さらに追い詰められたんだけど、まあ、届かなかったんですね。向こうは僕らより10歳若いけれど、急造チームだから、それほどタイミングが合うわけじゃないでしょう。

小田嶋:チームワークが醸成されていないというやつだな。

:そもそもオールスターズって、そういうもんじゃない? 一方で、僕らは歳は取っているかもしれないけど、この1年半、この日のために、と思い続けて、ひたすら練習を続けてきた、と(笑)。

続きを読む 2/4 スポーツは高齢化しつつある?

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。