:いたよ。

小田嶋:あれ、巨人に取られちゃったでしょう。

:巨人に取られちゃった、というか、出しちゃったんだよ。

小田嶋:出しちゃったんだ。捕手がいなくなっちゃうじゃない?

:いないんだよ、今。だけど、ドラフト4位で、早稲田の細山田というキャッチャーを取ったんだよ。今、細山田がもうレギュラーなのよ。

小田嶋:やばいよな、細山田、レギュラーって(笑)。

:いや、でも、早稲田のキャッチャーだったぐらいだから、一応、僕は期待をかけているんだけど。リードは、なかなかいいのよ。

小田嶋:詳しいな、相変わらず。

:それよりショックだったのは、ドラフト1位で取った早稲田のセンター松本だよね。あれが今、イースタンに落とされている。

小田嶋:あと、栄養費の問題で、あの外しちゃった選手がいただろう。

:那須野。5億円。

小田嶋:あれが痛いよね。那須野に5億円と、佐々木に3年で20億だとか。

:痛い、痛い。あんなに金を使って全然だめだからね。

小田嶋:あれがやっぱり今の低迷の一番でかい原因でしょう。

あの、何の話なのでしょうか?

小田嶋:ベイスターズの話です。

「今年はもういい、来年以降どうしたいんだ?」

:だから今年はもういいとしてもね、どういうチームにしたいんだ、というビジョンをはっきりさせて、今日の勝ち負けではなく、先を見据えた戦い方をしてくれれば、ファンとしては納得するんですよ。

小田嶋:ここまで来ると、今日勝たなきゃ、ということではなくなるよね。

:コアなファンは、どう負けたかってことだって知りたいわけ。

負けっぷりについては、内田樹先生が小田嶋さんとの対談でもおっしゃっていましたね(「『2割』で戦えば、8割の『負けしろ』が使える」参照)。

小田嶋:30年のこっち、最下位かこの辺を走っているんだよね。優勝、この30年で1回ぐらいあったんだっけ。

:あったよ。1998年に1回。

それがマンボだった、と(分からない方は「2割の『マンボをやめない人』が、案外でっかいことをやる」をご参照ください)。

小田嶋:あのときだけでしょう。

:そうだけど。

ちなみに今回のお題、「2009年上半期・腹が立ったニュース」にかんして、小田嶋さんは道路交通法の改正を挙げておられました。

小田嶋:自転車運転中のヘッドホン装着の禁止、って、余計なお世話だよ。じきに乗車前の座禅とか、ヨロイカブトの装着とかを義務付けてくると思う。背中に目がある人の事情を分かっていない――って、改正が発表されたときは、そう思ってたんだけど。

その後、腹が立ったニュースは更新されたんですか。

小田嶋:いや、僕はニュースに腹を立てることとかって、あんまりないんです。私は基本、何にも腹立ちません、と、これがデフォルトなわけです。

この間、民主党の代表戦を見て、何じゃ、あれは、とかおっしゃっていませんでしたか。

小田嶋:うん。でも、腹は立ててないですね。

腹は立たない。

小田嶋:ばかじゃないのとは思いますけど。

次回、まさかの「T氏」登場か?!

(写真/大槻 純一)

人生2割がちょうどいい』発売開始!

「オカ、大丈夫か……!?」
「オダジマ、終わったな……。」

停学、父破産、就職、転職、失業、起業、結婚、離婚、子育て、アル中、禁煙、……。

クラスメートだった名CMプランナーと名コラムニストはそれぞれの『人生の諸問題』にどう対処したのか、あるいは対処できなかったのか。

一生懸命になるな。無駄な努力は、かえって危険。
不運だってネタにしてしまえば乗り越えられる。
いろいろあるけど、「人生2割」でやっていければちょうどいい。

凹みがちなこの時代に贈る
「頭のいいひと同士の、とってもおバカな、でも本当のお話」。
書籍であらためてご堪能あれ!

アマゾンでも発売中!→こちらからどうぞ
(※いまもって人気集中で、アマゾンでは在庫が切れがちです。どうかお近くの書店からのご注文もご検討くださいませ。そのほか、ネット書店さんでは以下がまだ在庫をお持ちのようです)

■bk1 →こちらから
■楽天ブックス →こちらから
■セブンアンドワイ →こちらから

■変更履歴
記事掲載当初、本文中で「年棒」としていましたが、正しくは「年俸」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです [2009/07/13 16:20]

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。