内田:だってつまんないですもの。最後のころのプルースト研究なんて、もう重箱の隅をつついて、ようじでほじくり出したものについて、化学的組成を分析する、という風になっちゃって。意味が分かんねえ、という感じでしたよ。

小田嶋:この間、同窓会で、企業勤めのやつと話したんですけど。新入社員の採用を通年で見ていると、5年に1度ぐらいは、やっぱり変なやつを交ぜないといけないって、企業は思うみたいですね。ずっと優秀なやつを採っていると、雰囲気が煮詰まってくるみたい。

内田:でしょうね。

小田嶋:だったら、じゃあ、今年はちょっと変なのを2~3人採ってみようか、という時がたまにあるらしくて。

確か小田嶋さんも、それで採用されたんでしたよね。

小田嶋:俺はどうもその口で。採用の担当者に言われましたもの。「君にはある意味、期待している」って。

内田:ある意味(笑)。

小田嶋:逆に言えば、つぶれるんなら早めにつぶれてくれって、そんな風なことを言われたわけ。

で、期待通り、さっさと早めにつぶれられて(笑)。

内田:でも、出世したらあれじゃない? 今ごろ取締役でしょう。

それは言いすぎのような気がします。

小田嶋:確かに俺が出世する風土じゃなかったですけど、まあ、ともかく失敗しましたね。

オーバーアチーブする人は、まっとうじゃない人

内田:でも、人事は人事として危機感を抱いていたから。

小田嶋:そうそう。ただし、現場がそれをリジェクトしたという。でも、ちょっと変な分子を何人か入れておかないと、全体が活性化しないというのは、きっとあるんですよ。

内田:だいたいオーバーアチーブする人というのは、みんな変なやつですからね。まっとうなルートで来た人というのは、標準的な仕事はするけれどもオーバーアチーブはしませんから。

この対談の前編でもおっしゃっていますね。

小田嶋:それは俺も分かります。

内田:だって、みんながブレークスルーされても困るよね。適当に2割ぐらいで。

まとめていただいてありがとうございます。

内田:組織って2割の人がオーバーアチーブ性を持っているんですね。2割がオーバーアチーブ、2割がアンダーアチーブで、真ん中の6割の人たちが、まあだいたい給料分を働いている。そんな分布なんです。で、その2割のオーバーアチーブ分は、それ以外の人たちの何倍も大きいから、組織は成り立つ。

小田嶋:ただ、アンダーアチーブだって、非凡といえば非凡なんですけどね。

内田:そうそう、なかなか損失って出せないもんですよ。やっぱり給料を超える赤を出すって、相当力がある人たちですね(笑)。

 だからアンダーアチーブの人は、放っておいていいんですよ。この人たちを標準に持っていくために要する力があったら、その分は全部、オーバーアチーブに投じる。オーバーアチーブする人たちにもっとフリーハンドを与え、もっと予算を付ける。

結局、2割が「ちょうどいい」

そのオーバーアチーブ分の2割を、いろいろな組織から集めて新たなチームを作れば、さらに高いパフォ-マンスが上げられるか、というと、そうではなく、またその中で、2割、6割、2割の分布になっていく、という組織論を聞いたことがあります。

内田:そうです。そういうものなんです。だから割合の問題なんですね、結構。

小田嶋:アリでもハチでも2割が集団を動かしているそうで(笑)。

内田:アリだって、そうですよ、きっと(笑)。

小田嶋:それはこの間「Discovery Channel」でアリのやつをやっていたので、確かな情報です。

内田:小田嶋さん、「Discovery Channel」って好きですね、アナコンダに続いて(笑)。(前編参照

(撮影:大槻 純一)

「オカ、大丈夫か……!?」
「オダジマ、終わったな……。」

停学、父破産、就職、転職、失業、起業、結婚、離婚、子育て、アル中、禁煙、……。

クラスメートだった名CMプランナーと名コラムニストはそれぞれの『人生の諸問題』にどう対処したのか、あるいは対処できなかったのか。

一生懸命になるな。無駄な努力は、かえって危険。
不運だってネタにしてしまえば乗り越えられる。
いろいろあるけど、「人生2割」でやっていければちょうどいい。

凹みがちなこの時代に贈る
「頭のいいひと同士の、とってもおバカな、でも本当のお話」。
書籍であらためてご堪能あれ!

アマゾンでも発売中!→こちらからどうぞ
(※いまもって人気集中で、アマゾンでは在庫が切れがちです。どうかお近くの書店からのご注文もご検討くださいませ。そのほか、ネット書店さんでは以下がまだ在庫をお持ちのようです)

bk1 →こちらから

楽天ブックス →こちらから

セブンアンドワイ →こちらから

(「人生の諸問題 令和リターンズ」はこちら 再公開記事のリストはこちらの記事の最後のページにございます)


「人生の諸問題」は4冊の単行本になっています。刊行順に『人生2割がちょうどいい』『ガラパゴスでいいじゃない』『いつだって僕たちは途上にいる』(以上講談社刊)『人生の諸問題 五十路越え』(弊社刊)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。