米ニューヨーク州立大学バッファロー校で助教授を務めている筆者は先ほど、『世界の経営学者はいま何を考えているのか(以下、「世界の~」)』という本を上梓しました。この本では、米国を中心とした海外の経営学で、今どのような最先端の研究がなされ、どのような知見が得られているかを、日本のビジネスマンの方に興味を持ってもらえそうな話題に絞りエッセー風に紹介しています。幸いなことに、今のところ多くの方から好評をもって迎えられているようです。

 しかし実は執筆時には構想していたものの、その本ではどうしても、面白くても書きれなかった話題がいくつか残っていました。このコラムで数回にわたって、本とは別の切り口から「世界の経営学のフロンティアの知」を紹介していきたいと思っています。

 とはいうものの、この第1回と次回だけは研究の話題ではなくて、「なぜ米国の経営学者はピーター・ドラッカーを読まないのか」という話題をとっかかりにして、みなさんの多くが恐らくご存じない、「米国のビジネススクールが解決できていない課題」について、私論を交えてお話しようかと思います。

ドラッカーもジム・コリンズも学者は「スルー」

 「世界の~」の第1章で、私は「米国の主要なビジネススクールにいる教授の多くは、ピーター・ドラッカーの本をほとんど読まない。ドラッカーの考えにもとづいた研究もまったく行われていない」と書きました。この部分に、私が思っていた以上に大きな反響をいただきまして、いまだに「本当なんですか」と聞いてくる方もいらっしゃいます。

 もちろん、これは事実です。米国の経営学研究の最前線にどっぷりつかってきた私が見た実態です。

 そもそも私自身、実はドラッカーの本をほとんど読んだことがありません。

 もちろん色々なメディアを通じてドラッカーの名言はいくつか知っていますし、お気に入りの名言もあります。しかし、ドラッカーの本は私の研究室の書棚には一冊もありません。念のため、さきほど何人かの同僚のオフィスを見せてもらったのですが、やはり彼らの書棚にもドラッカーの本はありませんでした。

 この際だから告白してしまいますが、日本のビジネスマンに有名なジム・コリンズの「ビジョナリー・カンパニー」も私は読んだことがありません。おそらく私だけではなく、アメリカのビジネススクールの研究者の中でも、「ビジョナリー・カンパニー」を重宝して読んでいる人はそう多くはないのではないでしょうか。仮にそれなりの数の人が読んでいても、少なくとも「ビジョナリー・カンパニー」をもとに研究をしている、という経営学者はほとんどいないはずです。

 ここで私は、ドラッカーがダメだとか、意味がないとか言いたいわけではありません。というか、そもそもろくに読んだことがないのですから、批判する資格はないのです。

 これだけ多くの人が注目するのですし、私自身もドラッカーの名言は好きなので、「ドラッカー本」はきちんと読めば素晴らしい本なのでしょう。日経BP社が翻訳書を出版しているジム・コリンズの「ビジョナリー・カンパニー」シリーズも多くの日本の経営者に影響を与えているようですので、米国で学者が読んでいようがいまいがそんなことは関係なく、「実践への示唆を与える優れた啓蒙書」という意味で素晴らしい本なのだろうと思います。

続きを読む 2/4 世界中で普及する経営学の「科学化」

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。