振り返れば私は、真空管、半導体、液晶、太陽電池と、一貫して「エレクトロン(電子)」の世界に身を置いてきました。幸いにも、こうして数えで100歳まで生きてこられたわけですが、「知恩報恩」と言いましょうか、死ぬまでにこれまで生かしてくれた恩に報いたいと思っています。

電子の「還元」で地球を救う

 それは、老化の原因である細胞の「酸化」を食い止める「還元」の技術を確立するための活動を支援することです。酸化という現象は、細胞の外に「電子」が出てしまうことで起こります。それなら、「電子」を再び細胞の中に入れることができれば、酸化の進行を止めることが理論上はできるはずです。

 今、地球上では2万種以上の生物が「絶滅危惧種」に分類されているといいます。太陽系の惑星で唯一、生物がいる地球はこの先どうなるのか。そこで生きている人間はどうなるのか。私たちの子孫はどうなるのか。この大問題を解いていかなければなりません。

 生命の寿命を延ばす可能性を秘める還元の技術は、その解の一つになるのではないでしょうか。その技術を使えば、人間は130歳、140歳まで寿命を延ばせるのではないかと思っています。

 その実験台として、100歳の私を使っていただきたい。

 生命が生き延びる「場」さえ維持できれば、そこで世の中を良くするイノベーションは必ず生まれます。かつて私がそれまで難しかったリンゴとマンゴーの接ぎ木に成功し、リンゴマンゴーという新種を生み出しのと同じように、多様性のある場があれば、そこで異質の才能がぶつかり合う「共創」によるイノベーションを起こすことができる。

 私は残された時間を使って、「地球生命を考え、地球を救う会」を作ろうと思っています。そして、皆さんの奮起とその成果を期待しつつ、この世を去っていきたい。

(この記事は日経ビジネスオンラインに、2015年1月8日に掲載したものを再編集して転載したものです。記事中の肩書きやデータは記事公開日当時のものです。)

この記事はシリーズ「もう一度読みたい」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。