(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 近年注目を集めている技術の1つにAI(人工知能)がある。様々な方面で技術開発や社会への適用が進んでいるだけでなく、AIの根本技術である機械学習については、様々なツールが登場したことで、気軽に技術を学び、遊ぶことができる時代がきつつある。この連載では常々、技術の民主化について触れている。多くの人がAIを手軽に学べ、遊べることは、技術がより社会に浸透することにつながる。

 上海DFRobotの製品「HuskyLens」は、カメラで対象を撮影して「学習」ボタンを押すと、リンゴや人間、鉛筆といった物体を製品に教え込むことができる。これは機械学習というAIの根本的な技術である。

DFRobot社の製品HuskyLens。日本でも6000円を切る価格で販売されている

 こうしたツールが中国で発売されるのには理由がある。安価なAI処理用のCPUを簡単に入手できる環境があるのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1534文字 / 全文1889文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。