全2632文字

 筆者は先月、深セン市内で引っ越しをした。日本でも何度か経験しているが、深センでの引っ越しは母国でのそれよりもスピーディーだった。物件探しや契約など、引っ越しに関する様々なプロセスが日本より速い。

 中国でも地方によって商習慣が違うかもしれないが、深センについて言えば、日本の不動産賃貸につきものの「礼金」というものがない。「敷金」についても考え方が違う。

筆者が借りた家具付きアパート。家賃は月3380元(約5万2000円)

 深センでは(おそらく中国の他の地域でも)、物件を借りる際に「押金」というデポジットを払う必要がある。多くの部屋が家具付きで、デポジットは家賃2カ月分が一般的だ。

 このデポジットは日本の敷金と似ているようで違う。敷金の場合、退去時に家の原状回復費用や鍵の交換費用などが差し引かれる。その金額を巡るトラブルも多いと聞く。

 一方、深センの押金は、契約期間(1年間が多い)住み続ければ通常、全額戻ってくる。契約期限前の退去に対して大家に補償するという意味合いのお金だからだ。契約の際には「タンス」「ベッド」といった家具の一覧表も大家と取り交わす。筆者は深センでの2回の引っ越しで2回ともベッドマットレスを新品に替えてもらい、いずれも大家の負担だった。

 筆者の知人が短期間で引っ越したときは、2カ月以内に次の借り手が見つかり、契約期間未満で退去したもののデポジットが戻ってきたと聞いた。筆者が以前、退去した際は、住んでいた1年半ほどの期間の電気代をまとめて清算してデポジットから差し引き、残りは全額戻ってきた。手元に戻ってこないお金は半月分の不動産仲介手数料のみだった。契約を更新する場合も特に更新料のようなものはない(人気の物件だと家賃が上がることはある)。

 日本でも地域による差はあるが、首都圏を基準にすると1回の引っ越しで敷金(2カ月分)、礼金(2カ月分)、仲介手数料、前納分の家賃で家賃6カ月分の資金が必要になる。そのうち礼金と手数料の3カ月分は戻らず、敷金からも差し引かれる。

 一方、深センでは、押金2カ月分、家賃1カ月分、手数料0.5カ月分の計3.5カ月分の費用で引っ越しをすることができる。押金も基本的には戻ってくることを考えると、深センでは日本よりも気軽に引っ越しができると言える。