全2436文字

 8月3日、4日の2日間、東京・有明の東京ビッグサイトで「Maker Faire Tokyo 2019」が開催された。今年は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの準備工事のため、会場は2018年に比べて30%ほど縮小した。それでも多くの人が会場を訪れた。

 DIY愛好家の祭典であるメイカーフェアは、2014年に米国のバラク・オバマ前大統領がホワイトハウスで開催したことで、世界の注目を集めた。大統領がオバマ氏からドナルド・トランプ氏に変わったことで、ホワイトハウスでのメイカーフェアは2016年を最後に開催されていない。しかし、米国のDIY関連に対する予算はむしろ増えている。技術が高度化するにつれて、専門家同士の距離が遠くなった。異なる分野の融合によって起こるイノベーションが難しくなる中で、「分野を超え、自分の手でモノづくりを楽しむ」人々の集まりであるメイカーフェアへの期待は大きく、開催国が増え続けている。

 前回、ちょっとした思いつきからアイデアをより良いものにしていき、多くのプロジェクトを起こすことで、大衆から生まれるイノベーション「マスイノベーション」につながるという話に触れた。限られたエリートたちに集中投資し、既存の研究の積み重ねで一歩一歩進化していくタイプのイノベーションと違い、社会実装イノベーションとも呼ばれるマスイノベーションでは、新たなアイデアに多くの人が触れて、仲間やファンになってもらうことが重要になる。もともと新しいものを作り出すのが好きなDIYの愛好家たちがまずファンになり、場合によってはプロジェクトそのものを助け、一般の人たちにも広がっていく。こうした循環を生み出す上でメイカーフェアは非常に貴重な場になっている。

 メイカーフェアは2006年にサンフランシスコに近いサンマテオで初めて開催された。

 米国の出版社、オライリーのデール・ダハティ氏は自作の機械でカボチャをどれだけ遠くまで飛ばせるかを競う『カボチャ投げ選手権』のような、自作したものを見せ合うお祭りをつくりたいとメイカーフェアを始めた(その後、メイカーフェアの部門はオライリーから独立し、メイカーメディアとなった)。実際、米国のベイエリアのメイカーフェアは、ヒッピー精神があふれる奇想天外なプロジェクトをたくさん見かける。

2015年、メイカーフェアニューヨークでのドラゴン型オートバイ
メイカーフェアバンコク2018でのLEDパレード。世界中どこのメイカーフェアにも共通する楽しさがある

 お祭りとしてのメイカーフェアの楽しさは、どこの国でも変わらない。ただ、アジアでのメイカーフェアは技術開発や起業促進などイノベーションを起こすための装置としての側面が強まっている。

 バンコクのメイカーフェアは、産業振興のための規格策定や研究開発プロジェクトを担当するタイのNSTDA(National Science and Technology Development Agency)が主催している。アジアではこのように公的機関や教育機関がDIYのお祭りを主催する例が増えてきている。