これまで「新興工業国」という言い方はあった。人件費の安さにより、生産地が移転し、工業国へと経済発展したことを意味する。それに対し、先進国は先進的なテクノロジーもっていることを意味し、特にデジタル技術の発展史についてはほぼ米国と英国だけで形づくられてきた。だが、スマートフォンの登場以降、それ以前とは違った状況が生まれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2249文字 / 全文2263文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。