(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 筆者らが執筆した書籍『プロトタイプシティ』(KADOKAWA)では、イノベーションを生み出す仕組みが変わったことを説明している。大きな計画と根回しが先行する従来のやり方のほかに、実際に動作するプロトタイプを作り、少数でもその価値を共有できるコミュニティーと共に進んでいくことでイノベーションを社会実装する方法を詳述している。

 書籍の出版に際して、執筆者らが本書の内容を紹介するイベントを行った。GOROman氏は「レガシー社会との戦い」と題した講演で、自らプロトタイプを作り、広めることで新しい世界を広げていく「俺オーシャン」とも呼ぶべきアプローチを提示した。GOROman氏の講演から筆者が感じたことを紹介する。

GOROman氏はエクシヴィ代表取締役社長。AniCast RM取締役。XRコンソーシアム理事。2014年Oculus Japan Teamを立ち上げ、親会社のFacebookで国内のVRの普及に努める。個人ではGOROmanとしてVRの開発、普及活動を行う。2018年VRアニメ制作ツールAniCastを発表

VR技術を日本にもたらしたコミュニティー

 今はデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核技術の1つとして話題になるVR(仮想現実)。米オキュラスVR(現米フェイスブック)の最初の開発キットがクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場したのは2013年のことだ。

 まだ注目する人が少ないときに、GOROman氏らがコミュニティーを広げたことで、Oculus RiftはVR技術を普及させるブレイクスルーとなった。初期の不安定な開発キットを動かす方法の共有や体験ミーティングを開催。オキュラスVR創業者のパルマー・ラッキー氏に会うために、米国でのイベントなどを何度も訪れて関係を築き、ついにはオキュラス・ジャパンを立ち上げた(オキュラスがフェイスブックに買収されたことで、GOROman氏もフェイスブック社員になる)。その波瀾万丈のストーリーは、GOROman氏の著書『ミライをつくろう! VRで紡ぐバーチャル創世記』(翔泳社)に記されている。

GOROman氏らの活動はOculusが日本で普及するきっかけとなった。
GOROman氏らの活動はOculusが日本で普及するきっかけとなった。

新しいものに触れるとレガシーだったことが分かる

 ずっと同じ環境にいると不便なことにはなかなか気づかないものだ。ところが、スマートフォンや自動車といった新しいテクノロジーにいったん触れてしまうと、それのない生活がとても不便に感じる。例えば、自分のタイミングで返答できるメールやSNSのメッセージに比べると、タイミングを合わせなければならない電話は不便で、世の中からなくしたいとさえ思う。

 中国の深圳は今も仕事を求めて別の土地から多くの人がやってくる「移民」の街だ。中心部は工場から金融やスタートアップの街に変わったが、深圳にしかない仕事を求めて、中国各地さらには世界から若い人が集まってくる場所であることに変わりない。「移民」中心であるためレガシーを引きずらないのは、他の都市にない深圳の魅力だ。

 その魅力がよく表れているのが深圳発のハードウエアだ。革新的な機能を持つものが多いが、発売当初には目玉となる機能が動かず、後日ソフトウエア・アップデートやファームウエア・アップデートでやっと動くようになることも多い。

次ページ 深圳発の「軟らかいハードウエア」