中国のアリババ集団は7月17日から25日まで、上海で淘宝造物節(タオバオ・メーカー・フェスティバル)を開催した。タオバオ・メーカー・フェスティバルは2016年から開かれており、小企業や個人がビジネスをすることを支援するためのイベントだ。出展者も趣味的・オタク的な小企業が目立つ。

 アリババ創業者ジャック・マー氏はインタビューで「中国の人たちがビジネスをすることをサポートする」と語っている。傘下のアントグループが手がけるアリペイや、BtoBのECプラットフォームであるAlibaba.com、BtoCのプラットフォームである淘宝(タオバオ)も小さな企業や個人のビジネスを手助けするサービスだ。

上海で開かれたタオバオ・メーカー・フェスティバル
上海で開かれたタオバオ・メーカー・フェスティバル

趣味性の強い製品・サービスを売る新たなビジネス

 淘宝は服やスマホなどあらゆるものを扱うECプラットフォームだが、タオバオ・メーカー・フェスティバルは、その中でも独自性の強いニッチな商売に焦点を当てている。

ノートパソコンのような猫の爪とぎ板
ノートパソコンのような猫の爪とぎ板

 上の画像はタオバオ・メーカー・フェスティバルで展示されていたは猫の爪とぎ板だ。ノートパソコンの形状なので、まるで猫がパソコンを使っているように見える。色も広告も米アップル製ノートパソコンを意識しているジョークグッズだ。値段は59元(約1000円)と、同種の一般的な製品よりも高額だが、面白い製品だと思う。

 タオバオ・メーカー・フェスティバルは、こういった「これまでなかったような面白い製品」に光を当てている。ファッションや玩具、ペット用品、フィギュア、ハイテク製品など、様々な分野で趣味性が強い製品が展示されている。

出展していたファッションブランド。タオバオ・メーカー・フェスティバルはニッチな領域のスモールビジネスを支援する
出展していたファッションブランド。タオバオ・メーカー・フェスティバルはニッチな領域のスモールビジネスを支援する

 筆者はタオバオ・メーカー・フェスティバルに何度か参加しているが、今年はこれまでよりもさらに「趣味性」「オタク向け」が強調されていた。会場は次世代モビリティーを手がけるNinebotなどの大企業とマニア向けのショップが融合していた。

 中国の経済や社会が成熟し「良いものをより安く」というニーズだけでなく、多様なニーズが生まれてきている証だろう。中間層以上の人たちは大量生産でないものを求め始めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1041文字 / 全文1909文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。