「今回の半導体不足は、深圳製造業の姿を変えそうだ」

 広東省深圳市に拠点を置くJENESISの藤岡淳一社長はこう語る。同社は「世界の工場」である深圳のサプライチェーンを活用してIT機器を開発・製造しており、数多くの日本企業を助けてきた。ソースネクストが販売し、80万台を超えるヒットとなっている翻訳機「ポケトーク」や、タクシー界の風雲児といわれるMobility Technologies(旧JapanTaxi)の車両に搭載されている支払い端末、客席タブレットなどはJENESISが開発・製造を手がけた製品だ。

 ソースネクストが発表したリモート会議専用端末KAIGIO MeePetもJENESISが製造している。コロナ禍の中、キャッシュレスでの支払いなど非接触のニーズが高まり、ビジネスはむしろ拡大傾向にある。その中での半導体不足は、JENESISのみならず深圳の製造業エコシステム全体に影響を及ぼしそうだ。

JENESISの藤岡社長。手にしているのはソースネクストから発売予定のリモート会議端末KAIGIO MeePet。新型コロナ禍でICT端末の需要は高まっている
JENESISの藤岡社長。手にしているのはソースネクストから発売予定のリモート会議端末KAIGIO MeePet。新型コロナ禍でICT端末の需要は高まっている

多くのチップで1年以上の納期を求められる

 藤岡社長は「これまで買い手市場だった半導体の需給バランスが崩れ、選択肢が極端に少なくなっている」と話す。

 タブレットなどの中心部である米インテルや台湾の聯発科技(メディアテック)などのSoC(システム・オン・ア・チップ)や一部の液晶ドライバーチップは、2020年11月ごろから品不足が始まった。最初は一部チップの価格上昇という形で表れた品不足はその後拡大。低価格の代替品である中国・紫光展鋭(UNISOC)のチップやセンサー、マイコンなどの価格高騰を招き、多くのチップについて1年以上の納期を要求されるといったことも起きている。

 「現在の選択肢は、納期が1年以上かかるチップ群の納品を待つか、新興の代替チップを使うように設計を変更するしかない。その新興チップも価格が数倍に上がっている」。藤岡社長はこう語る。

 需給が逼迫し、値動きの激しい局面が訪れたため、買い占める業者や偽造品の販売業者も暗躍している。藤岡社長は「いつもならまず買わない業者から購入した」と言って、動作しない偽物のチップを見せてくれた。「数百の部品からなる製品で、このチップだけが不足して製造完了できないので、どうしても探したかったのだが……」

オランダのNXPセミコンダクターズの製品をかたる偽物のチップ。動作しないが、外見はきれいにパッケージされている
オランダのNXPセミコンダクターズの製品をかたる偽物のチップ。動作しないが、外見はきれいにパッケージされている

 こうした低レベルの偽物は製造にかかるコストが極めて低いため、前金だけ受け取って姿を消すような詐欺行為が横行している。

 「付き合いのある設計会社(IDH)の倉庫にも、いくつかの部品が足りない半完成品が山になっている。足りない半導体を待っていてはキャッシュフローを圧迫する。代替チップを使う設計変更も、発注元か設計会社のどちらかが費用を負担しなければならず、納品が遅れて、やはりキャッシュフローを悪化させる。製造業にとってよいことはない」と藤岡社長は語る。

JENESISでは調達した部品の検品も行っている
JENESISでは調達した部品の検品も行っている

次ページ カオスともいえるフレキシブルな生態系は戻らないのか?