6月19日、厚生労働省は新型コロナウイルス対策としての接触確認アプリ「COCOA」を公開した。このアプリは米グーグルと米アップルが連携して提供している濃厚接触通知API(Exposure Notification API)を利用している。政府公式ということで注目を集めているが、まだ試行錯誤の段階だ。厚労省によると、公開後1カ月は試行版として、デザイン・機能などの修正を行うという。

厚生労働省のサイトで公開された「COCOA」

 今回のアプリは、スマホの近接通信機能を利用して、1m以内で15分以上接触した可能性があるという情報を14日間記録する。アプリの利用者が新型コロナウイルス陽性の診断を受け、なおかつ患者の同意が得られた場合、接触した人に対し「接触があったこと」だけを伝えるアプリだ。いつどこで接触したか、誰が感染の疑いがあったかを知らせるためのアプリではない。アプリから自動的にどこかに連絡が行くこともなく、自分自身に感染の兆候が出た場合は別途、医療機関に連絡することになる。アプリのインストールも各人の自主性に任されている。

 中国で行われているように実際の行動(アプリを見せないとビルに入れないなど)を制御するものではない。プライバシーの保護にかなり配慮した仕様のように感じられるが、こういう形でも効果があるのかどうか含めて、試行する意味があるのだろう。

オープンソース・ソフトウエアとして開発されたCOCOA

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2427文字 / 全文3046文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。