(写真:PIXTA)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、行政と市民の協働によるシステム開発に注目が集まった。システム開発で一番難しいポイントは「何を作るか」である。利用者は目の前に完成したものがあって使うことができるようになったときに、はじめてそのシステムが何なのかを理解する。どんなものであっても、目的に到達するためにどういうものを作ればいいのかを他人に説明することは難しい。自分の中にはっきりした答えがないものであればさらに困難だ。

 システム開発の世界で以前からたびたび引用される「顧客が本当に必要だったもの」という風刺画がある。以下に示しているのがそれだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2462文字 / 全文2750文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。