マスクの需要が急拡大していることで、中国ではマスク製造システムが急速に進化中だ。中国での数多くの取材をしているジャーナリストの高口康太によると、紫光集団傘下で深センに本拠を置く半導体会社、紫光同創電子(PANGO MICROSYSTEMS)は、FPGAと呼ばれる集積回路を採用した超高速マスク製造プラットフォームを発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2174文字 / 全文2190文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。