「コロナ対策で研究開発型のスタートアップを育てる中国の深謀」でもお伝えしたように、新型コロナウイルスの影響で世界経済が減速する中、中国では研究開発型ベンチャーへの投資が加速している。現在の利益を狙うビジネスは世界的な不況の影響を受けるが、自動運転や宇宙旅行といった未来へ向けた研究開発は、現在の不況の影響が株価に及びづらい。米国でもスペースXが大規模な資金調達に成功し、テスラの株価が高騰するなど、研究開発型ベンチャーへの資金の流れは世界的な傾向だが、何事もはやりに乗ってダイナミックに動く中国では、その傾向がより強く出ている。

 長期的な視点での投資は研究開発に限らない。コロナ禍が広がっていた2020年4月、深圳では「SDGsなど社会に貢献する事業に投資するファンド」の1つとして、羲融善道(HEROAD)が設立された。

羲融善道(Heroad)は社会的価値の高い活動を事業化する会社に投資する。
羲融善道(Heroad)は社会的価値の高い活動を事業化する会社に投資する。

 羲融善道はもともとエンジェル投資家として長く活動していた5人の投資家が資金を出し合って始めたファンドだ。良いことで経済を回す、「善経済」を提唱している。

 善経済はおそらく2019年にノーベル経済学賞を受賞したアビジット・バナジー氏らの著書『Good Economics for Hard Times』(邦訳は『絶望を希望に変える経済学』)から取った言葉ではないだろうか。羲融善道のオフィスの本棚には『貧乏人の経済学』などのバナジー氏らの著作や『ファスト&スロー』(ダニエル・カーネマン著)など行動経済学の名著がたくさん置いてあった。『Good Economics for Hard Times』の中国語のタイトルは『好的経済学』だが、善経済のほうが会社の狙いを的確に表している。

羲融善道の本棚。行動経済学の名著が並ぶ中に『論語』もあるのが面白い
羲融善道の本棚。行動経済学の名著が並ぶ中に『論語』もあるのが面白い

 羲融善道は本体のファンドのほかにインキュベーターと公益法人(NPO)の複数の組織を持ち、「善経済につながる企業への投資」「善経済につながる活動を事業として成立させ、企業へと育成するインキュベート」(関連会社で実施)、「善経済につながる公益活動」(関連NPOの基金会が実施)を行っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1369文字 / 全文2232文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。