オープンソースは、エンジニアリングの方法ではあるが、ガバナンスや組織づくりの方法でもある。その両面に通じる人材が、中国でも求められ始めている。

 確認した中ではハイクビジョンの募集が最も広範囲で、今から部署を立ち上げるようなフェーズであることがうかがえる。アリババ集団の募集はすでにあるオープンソース推進室の中で社内広報や推進の部分を強化したいというマネジメントに寄ったものになっている。またOPPOが募集している職種の一つは自動化テストの仕組み導入など、アーキテクト的な側面の強いものだった。

業界標準づくりに強みを発揮している日本

 日本の求人サイトでも「オープンソース」という言葉で検索すると多くの募集がヒットする。ただし、ほとんどは「オープンソースのソフトウエアを使ってシステムを構築するエンジニア」の募集だ。日本でもオープンソース方式で自社ソフトウエアを開発している企業は多い。例えば、ソニーはオープンソース推進のサイトを公開している。ただ、オープンソース人材に絞った形での求人は行っていないようだ。日本でオープンソース開発の普及が始まったのは20年以上前なので、普及への力の入れ方は、中国とはだいぶ異なる。

ソニーのオープンソースソフトウエア(OSS)推進サイト
ソニーのオープンソースソフトウエア(OSS)推進サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は開源社のメンバーでもある。メンバー同士のチャットで求人情報サイトの公開について賛意と挨拶をしたら、「日本からも求人情報があったら載せるよ」と返答があった。

 「うーん、ここにあるような求人をまとめたサイトはちょっと思いつかないな。日本のオープンソース情報集約サイト、OSDNやOSPNでも求人情報だけまとめたようなサービスはやってない。たしかに目立ったほうがいいから、開源社の情報集約は大事だね」。こう回答したところ、OPPOでオープンソース担当をしているツァオや開源社理事のTedから「オープンソースによるガバナンスづくりについて、日本はすごいいい仕事してるよ。OpenChainでは日本企業が支配的と言える」といった返事があった。

開源社チャットでの、筆者とのやり取り
開源社チャットでの、筆者とのやり取り

 オープンソースはソフトウエアの開発手法を超え、例えばマーケティングの側面で関わる人たちも増えてきた。また複数の企業が協力して1つのプロジェクトを進めることも増えている。そのため、ソースコードについての扱いが定められている今のオープンソースに加えて、プロジェクト全体の進め方を定義するもっと広い範囲のガバナンスやコンプライアンスが求められている。OpenChainはソフトウエアのサプライチェーン全体の標準づくりを目指すものだ。グーグルや米ウーバー・テクノロジーズなどが参加していることで知られているが、日本企業もそこで存在感を発揮しているようだ。

 エンタープライズのソフトウエア開発から離れて長い筆者は、OpenChainについては初耳で、もちろんそこでの日本企業の活躍についても全く知らなかった。日本企業の活躍について中国の人たちに教えてもらうのは、まさに前回書いた国境を越えて広がるオープンソースソフトウエアの世界の好例と言える。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。