全2141文字

以前は人が運んでいた飲茶を今はロボットが運ぶ

 深圳で飲茶レストランに行くと、数件に一軒の割合で点心を運ぶロボットを見かける。上海に本社があり、深圳にも開発拠点があるKeenon社のものが多い。Keenon社は数年前からハイテクフェアなどでよく見かけるようになった、サービスロボットの分野では代表的な会社だ。現在は日本法人もあり、日本のレストランでも導入されているが、新型コロナウイルスの感染拡大以降、店舗で実際に動く姿を見る機会が一気に増えた。

深圳の飲茶レストランで皿を運ぶロボット

 飲茶というと、温水が仕込まれていて湯気が立ち上るカートを女性従業員が運んでくるのをイメージする。実際は、人件費の上昇で本場の広州や香港でもそうした店はまれで、最近筆者が見かけたのは2019年のマレーシア・ペナンが最後だ。

2019年10月、マレーシア・ペナンでの風景。飲茶と聞くとやはりこのカートを連想してしまう

 深圳のレストランでは、今はロボットが点心を運んでいる。人間が運ぶ点心のカートの場合、注文に関係なくテーブル間を回り、お客は回ってきたカートを呼び止め欲しい点心を注文する。深圳のレストランでは机に貼ってあるQRコードで注文し、ロボットは注文された商品をテーブルのそばまで運んでくる。テーブルに置く作業は人間が行う。サービスの提供方法は、ロボットを利用するようになったことで完全に変わったが、なぜか人がカートで運ぶスタイルとの連続性を感じさせる点が興味深い。

深圳市中心部の公園にもロボットが