世界最大の電気街「華強北」は、深圳の象徴的な場所の1つだ。1日に約50万人、ピーク時で80万人が世界中から訪れる巨大な電気街は、常にこの街の歴史の中心にあった。粗悪なコピー品も、騰訊控股(テンセント)のような世界的な大企業もこの電気街から生まれている。

 40年余りで人口30万人の漁村から1500万人を超える大都市に成長した深圳は、常に変化に満ちた街だ。人口が1000万人を超えたといわれるのは2000年代の後半。それから10年余りで、横浜市や米ロサンゼルス市といったサイズの都市が新しく誕生するようなペースで成長している。

 街の変化はそのまま産業の変化でもあり、それはこの街の産業を象徴する電気街の変化でもある。変化し続ける電気街を記録するために、2020年12月30日に華強北博物館が開設された。

地下鉄「華強北」駅を降りてすぐの、絶好のロケーションに開設された博物館。ビルの5階まで専用のエレベーターで上る
地下鉄「華強北」駅を降りてすぐの、絶好のロケーションに開設された博物館。ビルの5階まで専用のエレベーターで上る
エレベーターを降りると、現在の電気街をかたどった巨大なオブジェに迎えられる。オブジェはLEDとPCB(電子回路基板)で作られていて、キラキラと光っている
エレベーターを降りると、現在の電気街をかたどった巨大なオブジェに迎えられる。オブジェはLEDとPCB(電子回路基板)で作られていて、キラキラと光っている

「何もなかった」黎明期の深圳

 1978年の改革開放以降に本格的な建設が始まった深圳は当初、外国資本によって建てられた工場で出稼ぎ労働をするだけの街で、何もなかった。その深圳で、最初に工場や出稼ぎ労働者が住むバラックが建てられた場所が、香港との境界からほど近い華強北だ。博物館は、何もない中にバラックを建て始めたことを示す展示から始まる。

この地図はせいぜい数キロ四方を示すものだが、1978年当時はこれが深圳の市街全体だった
この地図はせいぜい数キロ四方を示すものだが、1978年当時はこれが深圳の市街全体だった

 入り口近くに深圳が市となる前の1978年の地図が展示されている。当時は香港との唯一の境界だった羅湖駅から数キロのところに工員のバラックが建てられ、区画整備されて工場が建設され始めた。博物館の展示はそこから始まる。

今は高層ビルが並ぶ電気街も、1980年当時は工員のバラックが並んでいた。近代化のシンボルとして更地に20階ほどのビルが数棟いきなり建てられた。いくつかのビルは現在も残っているが、近年に建てられた多くの高層ビルに埋もれて目立たなくなっている
今は高層ビルが並ぶ電気街も、1980年当時は工員のバラックが並んでいた。近代化のシンボルとして更地に20階ほどのビルが数棟いきなり建てられた。いくつかのビルは現在も残っているが、近年に建てられた多くの高層ビルに埋もれて目立たなくなっている

 粗悪なコピー電化製品、特に粗悪な携帯電話「山寨手機」は長らく深圳の、そして華強北の代名詞となっていた。山寨は水滸伝の梁山泊(りょうざんぱく)のような辺境のアジトを指し、転じて政府や大企業の統制が届かないところで好き放題にすることを指す。一回りすれば携帯電話を作る部品がすべてそろう華強北電気街は、安直なアイデアですぐ量産されるコピー携帯の中心地だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り970文字 / 全文1829文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「世界の工場」の明日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。