法律にのっとった行動を前面に押し出すトランプ大統領

 両陣営や選挙関係者の激しい動きを見る前に、現時点で両候補がどうしているかを見ておこう。

 トランプ大統領は、選挙戦を諦めないと繰り返す以外は、大統領としての通常業務に戻っている。ただし、エスパー国防長官をはじめとして、今後の選挙戦に関して自陣営に不利となりそうな言動をとる官僚の首を切るなど、神経質な動きをしているのも事実だ。

 メディアはこれを批判的に取り上げているが、ロシア疑惑に弾劾裁判と終わってみれば無実が証明された件で疑念を投げかけられ、時間を浪費した大統領としては、ある意味では当然の防衛策と言えるのではないだろうか。

 同時に、バイデン候補が270人の選挙人を獲得すれば黙ってホワイトハウスを出ると発言し、バイデン陣営による政権移行プロセスの開始を認めるなど、法律にのっとった行動をすることを前面に押し出している。

 一方、バイデン候補は、トランプ大統領が選挙戦の行方とは別に政権移行プロセスを進めることを認めたため、閣僚候補の発表を急いでいる。ブリンケン国務長官、イエレン財務長官など、オバマ政権時代からの仲間たちを中心に選択している。

 しかし、指名者によっては進歩派のオカシオ・コルテス下院議員らから反対を表明され、見直しを迫られる事態も発生した。しかも、ペロシ下院議長や上院最高齢のファインスタイン議員が引退をほのめかしており、バイデン候補はその後任問題にも対応しなければならない。

 なお、バイデン候補は、共和党からの政権移行チームへの参加も求めている。メディアはこれを分断解消のためと取り上げているが、トランプ陣営はそこにはもう1つの理由があると考えている。

 ちなみに、バイデン候補は、10月上旬までの選挙戦期間中と同じく、記者会見を開いても記者の質問は受けないことがほとんどである。この間、犬の散歩でつまずいて足首の骨を折ったとしているが、事実がどうかは分からない。

 訴訟の争点の中心である、疑惑とされる票数については、冒頭に書いた通りである。12月3日の本稿執筆時点で、トランプ大統領はバイデン候補が獲得した選挙人306人のうち、ペンシルベニアの20人、ジョージアとミシガンの各16人、アリゾナの11人、ネバダの6人については、不正行為によるものだとして、再集計の要求や訴訟を始めている。ウィスコンシンの10人についても疑義を唱えている。

 トランプ大統領の訴訟チームを代表するジュリアーニ元ニューヨーク市長は、220の証拠を持っており必ず勝つ、と強気の姿勢だ。また、2週間前になって彗星(すいせい)のごとく登場したシドニー・パウエル弁護士は、トランプ陣営の救世主だと騒がれたが、今は同陣営から外れて独自の対応で大統領選挙の不正を暴こうとジョージア州を訴えている。

 ちなみに、彼女はロシアゲートでFBIに脅迫されたフリン元大統領補佐官の無罪を勝ち取りつつあった辣腕弁護士でもある。フリン氏は、11月23日の感謝祭前夜にトランプ大統領の恩赦を受け、パウエル氏が今後もトランプ大統領勝利への重要な鍵を握るだろうと語っている。

 この間、バイデン陣営は選挙不正の問題についてほとんど動きを見せていない。トランプ陣営が表面化させる様々な問題にも沈黙を保っており、あくまで各州の知事や選挙関係者が対応しているのみだ。

 一方、大手メディアは、無視を貫いたバイデン氏の息子ハンター氏の不正疑惑のときとは異なって、トランプ陣営の主張を「妄想」だとか「陰謀論」だとして反論を書いており、この効果は非常に大きいようだ。メディアは米国で第4の権力だといわれるが、ハンター氏の扱いとトランプ陣営批判というメリハリの利いた報道は、表ではなく裏の権力者という印象を受ける。

 なお、トランプ陣営の行動については、一時は全ての訴訟が門前払いのように瞬時に却下されてきた。ところが、ジュリアーニ氏が態勢を整えたことに加えて、パウエル弁護士が証拠を明確にして訴訟を始めたこともあって、ミシガン、アリゾナ、ペンシルべニアなどで議会公聴会が開かれるようになるなど、少しずつ司法当局や州議会の動きに変化が表れている。

 したがって、これまでならば、再集計の州でもバイデン勝利は変わらず、トランプ大統領の勝利はほとんど風前の灯となっているとの表現が妥当だろうが、各州でトランプ陣営にプラスと思われる新たな動きが出ており、なかなか真実を見極めにくくなっているのが現実だ。

 このため、世界中のメディアがバイデン勝利と判断しつつあるのは変わらないものの、まだ一波乱ありそうな気配となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1148文字 / 全文5633文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「酒井吉廣の「2020年米大統領選」〜トランプ再選を占う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。