全5317文字
(写真:AP/アフロ)

 いよいよ9月16日に一部の州で郵便による投票が始まった。いつまでを集計対象とするかについては、一部の地裁が11月2日(投票日の前日)の消印を有効とする判断を示している。しかし、これではどちらかが余程の大勝とならなければ選挙当日には結果が出ない。また、9月18日にはギンズバーグ最高裁判事が他界し、後任選びで両陣営が揉めている。最後の最後には最高裁の判断が大統領を決める可能性があるからだ。まだまだ様々な話題が出てきそうだ。

 それを示すように9月12日の週以降、大統領選挙でいくつか疑問に感じることが起こっている。そのうち3つはバイデン候補と民主党に関するものであり、残りの2つはトランプ陣営に関するものと、両陣営に共通するものだ。

疑問1:なぜリベラルメディアしかバイデン候補に質問しないのか

 1日置きに外出する(他州に行く)バイデン候補は9月16日、地元デラウェア州で30分弱の演説と質疑応答を行った。この模様は、バイデン陣営によってYouTubeにアップされている。

 これまでもバイデン候補の演説や質疑応答に対しては、プロンプターを使って原稿を読み上げているとの疑問が呈されていたほか、リベラルメディアだけが易しい(答えやすい)質問をすると批判されていた。この批判に対し、バイデン陣営は一切コメントしていない。今回、筆者はその疑問が事実かどうかをチェックした。