正式に大統領候補に指名されたバイデン氏は副大統領候補となったハリス氏と共にデラウェア州ウィルミントンから党大会に参加した(写真:AP/アフロ)

 8月17~20日の4日間、民主党大会が開かれた。史上初めてのオンライン大会であった今回は、カンファレンスのバーチャル化の難しさとともに、バーチャルだからこそ垣間見えた、団結し切れていない民主党の実情が表面化した。

 民主党大会は「オンライン大会」と銘打ったものの、世界中の学校が春から実施してきた、オンラインの生中継と事前録画の放映を組み合わせた「バーチャル卒業式」と同じようなものであった。スピーチのために登壇した人たちはほとんど事前録画だった。筆者の印象では、事前録画が95%、生放送は5%といったところである。

 同時に、開催場所となったウィスコンシン州ミルウォーキーに大会期間中、滞在したのは民主党全国委員会(DNC)の委員長ら数人だけである。超リベラル(民主社会主義者、プログレッシブ)たちのデモを回避する目的があったともいわれているが、実際の会場はバイデン候補の住むデラウェア州ウィルミントンにあり、バイデン候補もハリス候補も、ここから演説を行った。また、ほぼ全てのスピーカーもミルウォーキー以外からの参加だった。

 なおDNCは、著名な女優(黒人を含む)を日替わりの司会者にし、バーチャル大会を生かして、親バイデンのスピーカーとバイデン氏が大統領となった際に閣僚として参加することが予想される人たちを総動員して盛り上げようとしたものの、大会自体の視聴者数は4年前より減った。

 視聴者数の減少がバーチャルを原因とするのかどうかは分からない。ただ、今回の新たな試みにより得られた事実は、8月24~27日のバーチャル共和党大会の準備に大きな影響を与えている。

 民主党大会のまとめを書く前に、8月24日から開催される共和党大会のポイントを記しておく。

  1. 会場となるノースカロライナ州シャーロットに何人のスピーカーが集まるか(民主党大会は真の会場はバイデン候補の自宅近くにあった)。
  2. 何人がオンライン生中継になるか(民主党はほとんどが録画出演だった)。
  3. 造反者が出るか(コルテス議員はサンダース氏を大統領候補にと言い放った)。
  4. 民主党を造反した人がスピーカーとして出てくるか。
  5. 党内の分裂を感じさせるものがあるか。反トランプの動きがあり、それが表面化するか(民主党大会は超リベラルと中道、オバマ家とクリントン家との確執の一端が見られた)。
  6. トランプ大統領が現状を正直に評価して2期目の具体的な政策を語るか(バイデン候補は黒人暴動などの現状には触れず、全希望者が加入できる医療保険の実施≒オバマケアの深堀、同盟国重視の外交、慎重な貿易交渉、軍事費の抑制、新型コロナウイルス対策の初日からの実施など、イメージが中心で具体性に欠けていた)。

大統領候補指名受諾演説が示したバイデンの本音

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4383文字 / 全文5553文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井吉廣の「2020年米大統領選」〜トランプ再選を占う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。