(写真:AFP/アフロ)
(写真:AFP/アフロ)

 8月15日、16日の週末、ニューヨークでは500件の発砲があり7人が死亡した。ニューヨークの安全性が低下していることを受け、トランプ大統領はニューヨーク市のデブラシオ市長を批判。国土安全保障省の専門家や州兵の派遣を示唆した。これに対して、デブラシオ市長はすぐに反発し、ニューヨークの安全は自分で守るという趣旨のアナウンスを行った。

 ニューヨークの安全レベルは、新型コロナウイルスの感染拡大とフロイド事件(2020年5月にジョージ・フロイド氏が警官に殺された事件)以降の暴動、そしてこの2つの出来事を利用した強盗などの犯罪の増加によって急速に低下している。

 例えば、20年初めからの銃撃による被害者数は8月16日現在で1095件と19年の581件の2倍弱となっている。また年初から8月9日までのデータでは、殺人が前年比で3割増、強盗が4割増、車のガラスなどを破壊して金品を奪う強盗事件は6割増となっている。

 マンハッタンもごく一部を除けば危険地域となってしまったため、ニューヨークに拠点を構える海外企業なども駐在員の外出を基本的に禁じているほか、安全な州への避難指示を出すといった措置を取っている。日系企業も同様で、大手メディアの記者でも州外への避難を指示される例が出てきており、取材どころではないようだ。

ニューヨークが危険な街になったのはなぜか

 今のニューヨークの危険度は尋常ではない。ミッドタウンのビジネス街でも麻薬取引が行われ、摘発されている。発砲や強盗のように目に見える犯罪と、麻薬密売のように見えにくい犯罪の両方がまん延するようになってしまった。

 これには、フロイド事件によって発生した暴動が影響していることは間違いない。ただニューヨークの場合は暴動以上に、6月にクイーンズとブロンクスの間にあるライカーズ島の刑務所から2500人の受刑者が釈放されたことも大きいといわれている。ニューヨークでは、19年の法改正で軽犯罪者であれば保釈金を支払わなくても保釈されるようになっていた。それが、新型コロナの感染拡大で全受刑者が釈放されてしまったのだ。

 デブラシオ市長は、希望に応じて釈放する受刑者に自転車を提供しており、彼らは夜間に自転車で街を走り回っている。受刑者がニューヨーク内に散らばったため、ニューヨークの5地域(マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、スタテンアイランド、ブロンクス)全域で犯罪が増えているのだろう。

 釈放後に再度捕まった人は、普通に歩いている際に見つけた車の中にある携帯電話を、ガラスを壊して盗んだと自供しているので、どこに犯罪者がいるか分からない危険な状況だといえる。釈放された受刑者の10%に当たる250人は2回以上の逮捕歴があるという。

増えるニューヨークを脱出する人々

 1990年代前半までのニューヨークは、例えば96丁目より南は比較的安全で、夜に出歩かなければ問題ないといわれていた。セントラルパークも人けの少ない奥の方に行かなければ危険度は低いというのが定説だった。

 そのため、マンハッタンの住人たちも、この安全な地区に住むという発想があり、アッパーウエストサイドのダコタハウス(ジョン・レノンが住んでいたことで有名)などには、富裕層も住んでいた。

 ところが、現在のニューヨークは高級住宅街でも注射針が路上に落ちているなど、どこに危険があるか分からない状況となっている。

 このため、身の安全を第一にしてニューヨークを脱出する富裕層や中間層が出始めている。筆者の知る60歳代の白人芸術家も生まれたときから住んでいるマンハッタンを離れ、州外に家を買って引っ越す予定だ。

 特に全米で暴動が激しく、複数の市長が黒人の気持ちを理解する旨の発表をしていた6月、デブラシオ市長も活動を行い、デモ隊と共に路上に落書きをしていたことも市民の不安をあおっている。彼はもともとニカラグアで反米ゲリラに加わっていた経験を持つ筋金入りのリベラルで、妻が黒人でもあり黒人からの支持を受けやすい。

 デブラシオ市長は長女が逮捕された際、市長権限で釈放することはさすがにしなかったものの、記者会見では反省の弁を述べずに「娘を愛している」とだけ語った。このことが市長としての資質の議論を巻き起こした。

 富裕層や中間層のニューヨーク脱出の理由には、デブラシオ市長が富裕層への増税を行うと噂されていることもある。これについてはニューヨーク州のクオモ知事が否定しており、ニューヨークから脱出しようとしている人には考え直し、既に脱出した人には戻ってくるよう呼び掛けている。

次ページ 四半世紀前にニューヨークを安全な街にできた理由