米国のトランプ政権が新型コロナウイルスへの対応で忙殺されている一方、民主党のバイデン候補は、集会の自粛などから露出が急減している。サンダース氏が予備選から撤退したことはバイデン候補にとってよかったが、サンダース氏との政策合意の結果、相当リベラル寄りの案を含む民主党統一政策案作りに苦慮することとなってしまった。

 また、トランプ弾劾では団結した民主党だが、その弾劾裁判の理由となったウクライナ疑惑では、現在は守勢に回るような事態に陥っている。民主党が正式に大統領候補を選ぶ民主党大会は、当初の7月から8月17日の週に延期されたが、同候補はそれまでに解決すべき5つの課題に直面している。

問題1:新型コロナで「沈黙は金」は続けられない

 4月7日のウィスコンシン州の予備選では、その延期を主張した人々の不安が的中し、選挙事務関係者から複数の新型コロナ感染者が出た(参考:サンダース氏の撤退で高まったトランプ再選の可能性)。全米民主党委員会が起こした人災である。

 そもそもバイデン候補は、予備選11日前の3月27日に、「トランプ大統領の国家非常事態宣言は手ぬるい」と、イタリアの全国都市封鎖をまねた「National Lockdown」を求めていた。だが、勝ちを急いだ同陣営は「予備選は別」との姿勢を示し、言行不一致となって感染者を出す事態に陥った。その後、バイデン候補を含む民主党サイドは新型コロナ対策について、トランプ政権の対応への代替案をほとんど発信していない。

 ところが、人間万事塞翁が馬で、その沈黙がバイデン支持率を高めている。2016年に続いて激戦が予想されるスイングステーツのミシガン、ペンシルベニア、アリゾナ、フロリダで、バイデン候補がトランプ大統領に対して優勢となっている。これらの州を取れば、バイデン候補は大統領選挙での勝利が近づく。

 ただ、その一方で「トランプ政権の失敗を待つ」というずる賢いイメージへの不満が民主党支持者内で高まりつつあるのも事実だ。そのため、バイデン候補が5月以降も沈黙を続けるのは難しいと思われる。しかし、新型コロナ対策で米国の顔となっているニューヨーク州のクオモ知事(民主党)が孤軍奮闘する中、同州の経済活動再開のめどが立たない限り、民主党としては具体的な提案を打ち出しにくい。バイデン候補は、新型コロナ対応で難しい立場に置かれているのだ。

問題2:ロシア疑惑、ウクライナ疑惑のブーメラン

 「民主党に戻ってきたロシア疑惑ブーメラン」で書いたように、オバマ政権によるロシア疑惑に関する現トランプ政権関係者への調査は行き過ぎたところがあった。このため、一段落となるはずの「ホロウィッツ報告」が出た後も、ダーラム連邦検事はバー司法長官の命を受けて、調査を続けている。

 この間、米国人の多くは、バー司法長官が「トランプ大統領の飼い犬のごとく」(民主党下院議員)行動したものとみていた。しかし、同大統領が2月にロジャー・ストーン被告の刑を軽減せよとの圧力をかけたことに対して、バー司法長官は辞任覚悟で抵抗した。このため、バー長官も合衆国のために働く気骨ある法律家だと米国全体で見直されるようになった。

 トランプ大統領にしてみればひょうたんから駒のような話だが、これによってダーラム連邦検事の捜査は中立的との見方が定着。7月ごろに公開される予定の捜査結果に注目が集まっている。内容によっては、FBIの捜査の違法性が指摘され、オバマ政権の幹部にまで司直の手が伸びる可能性も否定できない。共和党筋の人間は「オバマ大統領も安心してはいられないはずだ」と漏らしている。

 また、トランプ弾劾で表ざたになったバイデン候補の息子、ハンター氏のウクライナ疑惑(副大統領の息子の立場を使った利益獲得に関する疑惑)についても、共和党の上院議員らが調査に乗り出している。これも、新型コロナの影響で遅れが出ているが、夏までには結果が出てくるだろう。

 バイデン候補はトランプ弾劾裁判の最中に議会証言をいつでも受け入れると断言している。ただ、新型コロナの影響で全体がスローダウンしている今、大統領選の本選に突入した後に議会証言を求められることも考えられる。これもバイデン陣営にとって頭の痛い問題となりつつある。

次ページ 問題3:米国民はオバマ氏の支持獲得よりもセクハラ問題に注目