圧勝できなかったバイデンとサンダースの復活可能性

 共和党関係者は、異口同音にバイデン勝利を歓迎した。最大の敵だと思っていたブルームバーグ氏が簡単に撤退し、サンダース氏も16年と同じく民主党の持病のような重鎮の力により押し潰されつつあるからだ。今回は、差別的な問題まで垣間見える。

 しかし、カリフォルニア州で勝利したサンダース氏は、何とかバイデン氏が独走することを阻止し、体勢の立て直しに注力している。3月4日のブルームバーグ氏によるバイデン氏支持の演説の後に、改めてバイデン氏のこれまでの政治実績に含まれる問題と自身の政策を主張し、全米の民主党員に直接支持を訴えたのもその一環だろう。

 こうした状況の中で、共和党は2日にジョンソン上院議員が、バイデン氏の息子(ハンター氏)のウクライナ疑惑を糾明するため、バイデン親子とその関係者に文書提出を求める意向を示した。予備選でのバイデン勝利を見据えた準備である。

 この2週間、インタビュアーの名前を間違え、妻と妹を間違え、スーパーチューズデーをスーパーサースデーと言い間違えたバイデン氏には、疲れが見えている。勝利演説時に壇上に上がってきたビーガン(完全菜食主義者)に素早く反応したのも妻のジリーだった。

 大統領選の本選までまだ半年ある。バイデン氏に統一しようという民主党の思惑は、本選まで考えた場合、果たして成功するのだろうか。しかし、これこそが共和党の待っていた流れなのだ。

この記事はシリーズ「酒井吉廣の「2020年米大統領選」〜トランプ再選を占う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。