この効果は、まず黒人票の多いSC州予備選で表れた。2月前半の圧倒的首位から予備選直前にはサンダース、ブルームバーグに次ぐ3位にまで落ち込んでいたバイデン氏が、大逆転勝利を収めたのだ。

 サンダース氏は、自身が否定する一党独裁の共産主義のイメージを付けられ、スーパーチューズデーで敗北を喫した。ちなみに、3月2日に過去10年間で最大の上げ幅を記録した米国の株価が3日に反落したことについて、社会主義者を選ばないようにとの市場からの警鐘だという話まで飛び交った。

ブルームバーグ氏参戦が呼び込んだバイデン氏勝利

 ここで注意すべきは、ブルームバーグ氏の選挙戦略だ。同氏は19年11月の参戦時からスーパーチューズデーに焦点を絞って戦ってきた。共和党から出馬し、ニューヨーク市長となった彼の戦略は、民主党員に限らず、インディペンデントや共和党員をも巻き込んだものだった。

 スーパーチューズデーで予備選が行われた各州では、NV州党員集会前に選挙登録を済ませることになっていたので、同州の結果を見た後に、あわてて登録することはできない。つまり、当初からインディペンデントや共和党員を巻き込んできたブルームバーグ氏の参戦そのものが、今回のバイデン氏の勝利を呼び込む基盤となったのである。

 選挙にカネがかかるのは古今東西共通である。特に米国の大統領選挙は、桁外れの金額が必要となる。だからこそ、大統領選挙の年は全米に資金がまかれるので景気が底上げされるといわれる。

 ところが今回は、その常識が崩れている。バイデン氏はマサチューセッツ(MA)州で勝利したが、同州には選挙資金を全く投下していない。ウォーレン氏のお膝元で勝ち目がないと考えたからだ。

 また、バイデン氏が圧勝したバージニア(VA)州への投下額は24万3000ドルで、1800万ドルを投下したブルームバーグ氏はバイデン氏の5分の1の票しか獲得できなかった。

 他の州でも似たような現象が起き、スーパーチューズデーの前の週末まではサンダース氏が優勢だったテキサス(TX)州やテネシー(TS)州などでも、バイデン氏が勝っている。

 また、ブティジェッジ氏とクロブシャー氏が、予備選最初の2州で勢いを付けたにもかかわらず、将来の傷にしないためという理由でスーパーチューズデー前に撤退したことも、米国人的ではない。挑戦する勇気を是とし、その結果が悪ければやり直す、という敗者復活の土壌が米国の強さの秘訣だからだ。

 特にブティジェッジ氏はそれが売りだったはずだ。なお、リンドン・ジョンソン、ニクソンの両大統領は複数回の挑戦で大統領になっている。

 しかも、事前投票をしている有権者に対して失礼なので、投票日前日の撤退は基本的にしないのが米国での選挙の暗黙の了解であった。

次ページ 反サンダース・反ブルームバーグは反ユダヤ主義だったのか?