(写真:ロイター/アフロ)

 2月29日のサウスカロライナ(SC)州予備選に大勝したバイデン氏は、翌3月1日に指名争いから撤退したブティジェッジ氏、2日に撤退したクロブシャー氏、2019年11月に撤退していたオルーク氏の3人から、2日に同時に支持を受けた。その夜のダラスでのバイデン・キャンペーンには、この3人が相次いで登場。打倒トランプを掲げる一方で、「反サンダース」の結束を示し、翌日に控えていたスーパーチューズデーでのバイデン氏の躍進を演出した。

 3日のニューヨーク・タイムズ朝刊などは、サンダース氏の選挙マネジャーが1日の夜に、民主党重鎮で上院多数党院内総務を8年間務めたリード氏からの電話を受け、バイデン氏支持を打ち明けられたと報じた。リード氏は、電話を受けた選挙マネジャーが仕えた元上司であり、その後も助言者だった。彼の電話は、民主党がバイデン一本化で動いているとのプレッシャーだったのである。

 米国のテレビ局は、スーパーチューズデーでのバイデン氏の勝利が固まりつつある中、3日深夜から翌4日午前にかけて、SC州予備選前からの72時間で何が起こったのか、民主党全国委員会(DNC)が反サンダースで動いたのではないか、との報道を繰り返した。なお、ウェブメディアや新聞にはこうした報道は出ていない。

 4日午後には、ブルームバーグ氏が大統領候補者選びからの撤退とバイデン氏支持を表明し、これで民主党の中道派はバイデン氏に一本化された。

 ただ、14州のうち10州でトップを飾ったバイデン氏だが、選挙人獲得数は566人で、サンダース氏(501人)に大差を付けることはできなかった。

 前回までの拙稿に書いてきたように、米国では多くの人が社会主義を共産主義と同義と捉え嫌っている。また、SC州とスーパーチューズデーで予備選が行われた14州は、アイオワ(IA)州やネバダ(NV)州とは異なり、基本的には民主党登録者以外も投票できるオープン州だ。

 反サンダースのキャンペーンは、メディアの立ち位置によらず、彼が2月22日のNV州の党員集会で大勝してから急に本格化した。極め付きは、Fox Newsによる共産主義の簡単な歴史ビデオ(この中に登場するソ連および共産主義国の最大版図を示した地図で北方領土は日本の領土となっていた)と、2月29日のSC州予備選直前からトランプ陣営が可能な限り多くの米国人に送り続けたという「あなたは米国人ですか、社会主義者ですか」という問いかけだろう。

続きを読む 2/5 ブルームバーグ氏参戦が呼び込んだバイデン氏勝利

この記事はシリーズ「酒井吉廣の「2020年米大統領選」〜トランプ再選を占う」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。