全2780文字

気鋭のデザイナー、nendoの佐藤オオキ代表。コクヨや丸井グループ、三菱商事といった日本の大企業のみならず、仏ルイ・ヴィトンや米アップルなど海外のビッグ・ブランドからも仕事が舞い込む。

日経ビジネス編集長・東昌樹が聞く動画シリーズ。最終回は、デザイナー・佐藤オオキ氏の生き方に迫る。四六時中、仕事のことばかりを考えているという佐藤氏にとって、「デザインは趣味のようなもの」という。その真意は?

>>テキスト版編集長インタビュー「nendo佐藤オオキ氏が語る『デザインで経営を変える』

佐藤オオキ(さとう・おおき)
nendo代表/デザイナー

日本のデザイン界で、最も注目を浴びているデザイナーの一人。1977年カナダ生まれ。2002年、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了、nendo東京オフィス設立。プロダクトのデザインを手掛けるほか、最近では事業や組織のデザインにも深く関与し、大企業のイノベーションを支援している。グッドデザイン賞など国内外での受賞多数。米ニューヨーク近代美術館など世界の美術館に作品が収蔵されている。(写真:吉成大輔)

ラインアップ(全7回、火曜日掲載)
  • 01 大学生でビジネスの面白さに目覚める
  • 02 「デザイン思考」では物足りない
  • 03 僕は「ピエロ」になり気付きを与える
  • 04 デザイナーは「シェフ」ではなく「主婦」
  • 05 アップルは遠いが日本企業にも変化の兆し
  • 06 大企業がデザインを生かすのに大切なこと
  • 07 僕の最大の能力はすぐに夢中になれること
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

東 昌樹(日経ビジネス編集長):今、何社ぐらいのお客さんと仕事をしているのですか。

佐藤オオキ氏(nendo代表取締役 チーフデザイナー):クライアントの数は、たぶん70~80社ぐらいだと思います。

:それらは全部関与されるんですか。

佐藤氏:そうですね。ほぼ会食やパーティーには行かないですし、趣味もないですし、デザインだけして、人との接点をあまり持たないようにしていると、意外と仕事はたくさんできますね(笑)。人間としては、どんどんゆがんでいっているような気はしますが。

 プライベートはすごく単調です。同じ洋服を毎日着て、同じものを毎日食べて、同じ散歩コースで犬を散歩させて……。そんな人生です。

佐藤氏の愛犬「きなこ」。インタビュー中も佐藤氏のそばに寄り添っていた

 その分、仕事における変化にはものすごく柔軟性を持って、その企業の色に常に染まり続ける、瞬時に染まる感覚ですね。