全3924文字

気鋭のデザイナー、nendoの佐藤オオキ代表。コクヨや丸井グループ、三菱商事といった日本の大企業のみならず、仏ルイ・ヴィトンや米アップルなど海外のビッグ・ブランドからも仕事が舞い込む。

日経ビジネス編集長・東昌樹が聞く動画シリーズ。第3回は、経営者は今、デザイナーに何を求めているのかがテーマ。佐藤氏は、自身の役割を「ピエロ」に例える。その理由とは。

>>テキスト版編集長インタビュー「nendo佐藤オオキ氏が語る『デザインで経営を変える』

佐藤オオキ(さとう・おおき)
nendo代表/デザイナー

日本のデザイン界で、最も注目を浴びているデザイナーの一人。1977年カナダ生まれ。2002年、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了、nendo東京オフィス設立。プロダクトのデザインを手掛けるほか、最近では事業や組織のデザインにも深く関与し、大企業のイノベーションを支援している。グッドデザイン賞など国内外での受賞多数。米ニューヨーク近代美術館など世界の美術館に作品が収蔵されている。(写真:吉成大輔)

ラインアップ(全7回、火曜日掲載)
  • 01 大学生でビジネスの面白さに目覚める
  • 02 「デザイン思考」では物足りない
  • 03 僕は「ピエロ」になり気付きを与える
  • 04 デザイナーは「シェフ」ではなく「主婦」
  • 05 アップルは遠いが日本企業にも変化の兆し
  • 06 大企業がデザインを生かすのに大切なこと
  • 07 僕の最大の能力はすぐに夢中になれること
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

東 昌樹(日経ビジネス編集長):お客さんから、「うちの会社のこういう商品を何とかしてほしい」「こういう事業を何とかして」といった依頼がたくさん来ると思いますが、どう見てもちょっと無理だな、と思うときはありませんか。

佐藤オオキ氏(nendo代表取締役 チーフデザイナー):依頼された段階で違和感があったら、まずそれを伝えるようにしています。ちゃんとデザインを利用してほしい、ちゃんと自分を使い倒してほしいという感覚があるからです。

 例えば、ゼブラからボールペンのデザインを依頼されたとき、最初は「サラサ」という商品を少しブラッシュアップしたいというイメージの話でした。だけど、このマイナーリニューアルにおけるコスト感を考えると、ペンを構成するいくつかのパーツのうち、1つだけで勝負しなければなりませんでした。

 グリップか、ペン先か、軸か……。どこか1カ所を変えることでサラサをリフレッシュできないかという依頼だったんですね。「分かりました」と言ってずっと考え続ける中で、もしかしたら、形を変えるのではなく、書き心地をブラッシュアップできないのかと思い付きました。