全7216文字

(前回から読む

 マツダの前田育男さん(常務執行役員・デザイン・ブランドスタイル担当)へのインタビュー、3回目です。

 2009年前田さんが「近未来に、マツダをブランドとして成立させる。そのためにはブランドとしての様式を確立しなくては」と考えて、用意したのが、ビジョンモデル「SHINARI」と「魂動デザイン」という言葉だった。

「SHINARI」。2010年8月末にイタリアで公開されたマツダのビジョンモデル。当初はデザイナーの前田さん自ら「いまの生産技術では量産は難しい、未来のマツダのためのデザイン」と考えていたという。

 ところが、SHINARIの完成と同じタイミング、2010年の8月に前田さんは「第6世代」の試作車に乗って「ここまでのクルマを我々は造れるようになっていたのか」と驚き、「これだけの実力があるなら、外観も魂動デザイン、SHINARIであるべきだ」と確信した。

 しかし、この時点で第6世代のデザインはすでに確定し、2012年の量産に向けて開発は最終段階に入ろうとしていた――。

2012年11月に発売された3代目「アテンザ」(写真:マツダ、以下同)

編集Y:さて、とはいえ、2012年から出てきたCX-5、そしてアテンザ(3代目)を見ている私たちからすれば、「魂動デザイン」では「ない」アテンザのデザインで開発が進んでいた、ということ自体がもはや信じがたいわけですが。

前田育男マツダ常務(以下、前田):でも、そうだったんです。実は僕がアテンザ(3代目、以下特記なき限り「アテンザ」は3代目アテンザを指す)のチーフデザイナーだったんですから。上にローレンス(フォードから来ていたグローバルデザイン本部長、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏)がいて。

編集Y:実はこんな画像を入手しました。

実は外観は大きく変わらないはずだった

マツダ広報M氏:これは、SHINARIの裏で進められていた、もともとの3代目アテンザのクレイモデルですね。

編集Y:デザインのトップは前田さんに移っていて、でも、まだ「SHINARIショック」を受ける前のもの……ですね?

広報M氏:そうです。

前田:ああ、懐かしい。これはでも、もうだいぶ手が入ってきれいになった時点の写真かな。

編集Y:最初はどんな感じだったんでしょうか。

前田:もっとサイドに線が多い、「NAGARE」調のものでした。

ローレンス氏によるコンセプトモデル「NAGARE(流)」

前田:Aピラー(フロントウィンドウを支える柱)の位置も、これよりはもう、ずいぶん前にあって。

編集Y:とすると、力感よりも「フロー」、NAGAREデザインの、流麗さに振った感じの。

前田:(最大市場の)ヨーロッパにフルサイズモデルを持っていって、現地で私とローレンスで確認したりもしているんです。

編集Y:社内の皆さんの感想はどうだったんですか。

前田:「ああ、まあ、そりゃそうなるよね」という感じですね。「2代目のアテンザの進化版だね」と。

2代目アテンザ(2008~12年)。「もともとの3代目アテンザのクレイモデル」とよく似ている

編集Y:なるほど。それだと何か困るんでしょうか。