全2929文字

 サイクロン掃除機など革新的な製品を生み出してきた英ダイソン。最近ではEV(電気自動車)への進出を表明して注目を集めるが、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏から経営を託されているのがジム・ローウェンCEO(最高経営責任者)だ。
 日経ビジネスは3月28日、英ダイソンのジム・ローウェンCEOを招いた対話イベント「Raise Live」を開催。「デザイン×イノベーション」をテーマに、気鋭のデザインエンジニアであるTakramの田川欣哉代表との対談と、公募した日経ビジネス読者とのQ&Aセッションを実施した。
 その模様をお届けする動画レクチャーの第5回は、ダイソンがどのように若者を生かしているか、その人材活用術を聞く。若いエンジニアにとって、ダイソンは“理想郷”か?

ラインアップ(全9回、水曜日掲載)
  • 01 全ては「課題解決」から始まる
  • 02 若者の「デザイン思考」が生命線
  • 03 過去の「履歴書」より未来を語れ
  • 04 ダイソンに「デザイナー」がいない理由
  • 05 若者には権限を与え、失敗させろ
  • 06 なぜダイソンの製品は一目で分かるのか
  • 07 競合も値段も意識しない
  • 08 “縦社会”をどう打破するか
  • 09 どうやって本質的な課題を発見するか
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

若者を積極的に採用しているというお話がありましたが、「若さ」をどのように生かしているのですか。

ジム・ローウェン氏(英ダイソンCEO=最高経営責任者):一言で言えば、本物の権限と責任を早い段階で与えることです。さもないと、彼らはつぶされてしまいます。「彼は若いから物事を知らない」とか、「インドや中国やその他の国々から来た若者に対して、自分の出身地ではないから彼らの意見は自分の意見よりも重要じゃない」とか、そのように見られがちです。

 しかし、ダイソンでは全てのアイデアがテーブルに載り、尊重されます。もちろん、ダメなアイデアだったら年齢や性別、出身は関係なく指摘します 。

 若者を採用するなら真摯な姿勢で、彼らの言葉に耳を傾けましょう。私には4人子供がいて、SNSをどう使っているか、教えてくれます。5つのアプリを駆使してやりとりしていますよ。私よりずっとうまい。私が子供の頃、父はビデオデッキの使い方を私に教わっていました。いつの時代も、そういうものです。

 若者はデジタルに適応し、デジタルネーティブとして育っています。彼らは特に、ユーザーインターフェースのデザインにたけています。彼らは、私たちに言うんですよ。「それはダサくてイケてない」「こんなのがほしい」「アイコンのデザインはこうあるべきだ」とね。

 描画速度やスワイプ……新しい技術やユーザーインターフェースのデザインについては全て、若者の方が私たちよりも知っていますよ。