それを聞いた弟は、「ああ、そうか。俺は兄貴を恨む気持ちだけでここに来たけれども、おおらかな目で俺を見ていてくれたんだ」と気づく。

 こうして兄弟が打ち解ける話なんです。ここから先、ちょいとまた夢になったりなんかして長い話になりますからここでカットします。ここから先はうちの師匠の語りで聞いていただきたいです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り928文字 / 全文1978文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題