全2503文字

 日本の医療現場では既に「NCD(National Clinical Database)」が稼働しており、提供される医療行為の質的向上に大きく寄与していると、宮田裕章教授は教える。

 なるほど、ビッグデータは既に日本の医療のレベルを背後からしっかりと支える存在になっているのだ。さらに医療施設や医療従事者の研鑽(けんさん)・レベル向上にも効果を発揮しているという。どういうことか。

 全国の大多数の医療施設から手術症例を収集し、信用性の高い巨大データベースを構築しているNCDについては、これまでの連載でも紹介してきました(詳細は「全国5000病院がデータを提供、リアルタイムで医療を改善」)。

 このNCDを活用すると、医療施設や診療科、医療従事者のパフォーマンスを数値で観測・検討することができるようになります。施設や個人の能力・実績についての指標が得られるので、それを基にして、体制や治療技術の改善を図ることもできます。

 医療の世界ではどの施設もあらゆる関係者も、日々の業務に最善を尽くしています。それは百も承知の上で言うのですが、それでも、どこにでも、課題や得手・不得手はあるものです。

 これを自身で見いだし、客観的な目を保って軌道修正することは、なかなか難しいものです。

 そこで全国の他の施設と比較して、自分たちの位置付けはどうなのかと理解することによって、治療成績を改善させていきます。自分の強みと弱みをきちんと分析することによって、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを回していけるのです。

 ビッグデータに基づいてベンチマーキングし、質的な向上を実現する。

 これは公共政策でも一般サービス業でも、また個人で何かを成し遂げようとするときにも、あらゆる分野で応用可能な方法論です。

 医療の分野ではこれまで、臨床現場における個々のケースの独自性が強いと考えられてきました。そのため、これまではビッグデータなどを体系的に生かしてPDCAサイクルを回すことが困難と思われ、現場で取り入れられてきませんでした。

 けれど、NCDのような信頼性のあるビッグデータが整備された現在では、必須の考え方となってきています。

 実例を1つ、挙げてみましょう。