技術の進化に伴い、より多くの人手も必要になる

AIが人間の仕事を奪うという話もあります。

北野 しかし現実を言うと、AIを作るトップの研究者が足りていませんし、大量のデータを整理して、キュレーションをして、といった作業をする人も足りません。

 IoT(モノのインターネット)デバイスを装備してデータを取ろうとしても、IoTデバイスを単に置いておけば何とかなるわけではなく、メンテナンスやチェックをする人材も必要です。

 僕の中では、トータルとして人のやることが減るというイメージはあまりないのです。

 今だってSNSなどでもAIを使ってチェックをしていますが、さらにチェックするために膨大な人が張り付いています。最終的に人がチェックせざるを得ないので、表には見せていないけれど膨大な人海戦術が行われています。

 AIが脅威になるというより、人間が作っているものなので、AIを使って新しいことを切り開くことがポイントだと思います。

あくまで人間がAIを使いこなすということですね。

北野 そうですね。つまりAI対人間ではないんです。ディープ・ブルーというIBMのスーパーコンピューターがカスパロフ(編集部注:チェスの世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフ)を破ったとき、ディープ・ブルーの開発責任者が言ったのは、「これは1人の天才の能力をしのぐマシンが、多くのエンジニアの長年の努力で作られた結果であり、どちらにしても人間が勝ったことに違いはない」ということです。

 AIは人間が作った道具であり、非常に多くの人の努力が投入されている、それを我々がAIとして見ているわけです。

第2回を読む

図解でまるわかり!『先端技術の教科書』
日経BP社 980円(税込み)

 RPA(仮想ロボットによる業務自動化)、GAN(敵対的生成ネットワーク)、ブロックチェーン、ゲノム編集、宇宙ビジネス……。ビジネスの現場や、生活シーンを最新の技術がどんどん変えていきます。今や、理系・文系を問わず、仕事の効率化や、ビジネスチャンスを考えるために先端技術の情報は必須知識となりつつあります。

 AI(人工知能)やロボット技術をはじめ顔認証や5Gなど、注目を集める30のテクノロジーを図解でわかりやすく解説します。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。