全2369文字
塩野義製薬を高収益企業へと大改革した手代木功社長の「経営教室」。第10回は、手代木社長が長期視点でどのようなことを経営の判断基準にしているかを明かす。その判断基準は社会保障制度の持続可能性。「いつか、自腹で薬を買う時代が来て、国民皆保険は崩壊しかねない」と話す。そのとき、製薬会社、業界、そして国はどうやって生き残っていくのか。
手代木功(てしろぎ・いさお) 塩野義製薬 社長
1959年12月宮城県生まれ。82年東京大学薬学部卒業、塩野義製薬入社。87年米国ニューヨークオフィス駐在。91年に帰国し開発渉外部に配属されるが、94〜97年カプセル会社への出向で再び米国駐在。帰国後、社長室勤務を経て99年経営企画部長。社長の塩野元三氏(現会長)と二人三脚で塩野義の構造改革を進める。2004年医薬研究開発本部長、06年専務執行役員、08年4月社長就任。(写真:的野弘路)
ラインアップ(全11回、毎週木曜日掲載)
  • 01 「手代木マジック」前夜、社内はやさぐれていた
  • 02 従業員には隠さず「本当のこと」を話す
  • 03 従業員のためなら死ねる
  • 04 社風改革の前に、まずコストに切り込む
  • 05 飲み会の幹事が得意な人はマネジメント向き
  • 06 勉強が習慣になっていない幹部は失格
  • 07 「ミュージックフェア」を支援し続ける理由
  • 08 研究部門の議論を社内に公開
  • 09 従業員のために発信力を高める
  • 10 業界の常識は世間の非常識
  • 11 手代木流・リーダーの心得とは
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

10~20年先を見据えたとき、経営上の判断基準は何ですか?

手代木功氏(塩野義製薬社長):私は特にここ5年ほど業界長もやり、海外にも積極的に出ていっています。すると、業界の常識は世間の非常識だと強く信じるようになりました。業界で正しいと思っていることは、一般の方からするとハラワタが煮えくりかえるほど嫌だという話がとても多いと思います。

 今は、国民皆保険があって、一定の薬価もあって、その仕組みは非常に強固なように見えますよね。だから、私たちはこれに基づいていろいろと考えるのですが、いつか自腹で薬を買う時代が来て、保険制度は崩壊すると思います。

 その中で、この薬でこの効き目なら、この値段は喜んで出すという、普通の人が「それ買う!」と言ってくれるような商売をやらないと、業界の中では生き残っていけないと思います。私はほとんどの判断基準を、そこに置いています。

 高額医薬品は絶対やらないというのはそういう意味です。ただ、高額医薬品そのものをやっている会社や高額医薬品を悪いと言っているのではありません。塩野義はやらない、ということです。