全1279文字
塩野義製薬を高収益企業へと大改革をした手代木功社長の「経営教室」。第5回は、手代木流の人材の育て方。40歳までにマネジメント職向きか、専門職向きかを判断した方がいいと勧める。そして、マネジメントと飲み会の幹事には深い関係があるという。その理由とは。
手代木功(てしろぎ・いさお) 塩野義製薬 社長
1959年12月宮城県生まれ。82年東京大学薬学部卒業、塩野義製薬入社。87年米国ニューヨークオフィス駐在。91年に帰国し開発渉外部に配属されるが、94~97年カプセル会社への出向で再び米国駐在。帰国後、社長室勤務を経て99年経営企画部長。社長の塩野元三氏(現会長)と二人三脚で塩野義の構造改革を進める。2004年医薬研究開発本部長、06年専務執行役員、08年4月社長就任。(写真:的野弘路)
ラインアップ(全11回、木曜日掲載)
  • 01 「手代木マジック」前夜、社内はやさぐれていた
  • 02 従業員には隠さず「本当のこと」を話す
  • 03 従業員のためなら死ねる
  • 04 社風改革の前に、まずコストに切り込む
  • 05 飲み会の幹事が得意な人はマネジメント向き
  • 06 勉強が習慣になっていない幹部は失格
  • 07 「ミュージックフェア」を支援し続ける理由
  • 08 研究部門の議論を社内に公開
  • 09 従業員のために発信力を高める
  • 10 業界の常識は世間の非常識
  • 11 手代木流・リーダーの心得とは
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

 とにかく今、社長になってから特になんですけれども、全部説明できること、全部透明であることに、ずいぶんとこだわっています。例えば、「社長塾」の塾生を、私自身は絶対選びません。私が選ぶと、「あいつはえこひいきだ」となってしまうので。

 そのため、各本部長に「あなたの一押し人材を送ってください」とお願いしています。その一押しをどう選ぶかは、一応、私が出ていない人事委員会で、本部長に「私はなぜこの人物を推薦するか」ということをプレゼンしてもらい、周りの人も「それならいいんじゃない」ということになったら、私抜きで決めてもらった塾生リストをいただきます。そこからトレーニングを始めるということなんです。

 その間、確かに良いところ、悪いところがあるので、できる限り良いところを引き出してあげようとは思います。しかし、これはちょっと傲慢かもしれませんが、社長の前ってたぶん、人間はちょっと変わるので、本当にその人の良さなのか、フリでやっているのか、ちょっと分かりにくいんです。そのため、少なくとも見えている範囲で、あなたの強いところはこういうところで、あなたの弱いところはこういうところだというのがあったら、やはり強みを伸ばしてあげようと思っています。

 弱みを補うのはなかなか人間、難しいのですよね。もちろん、コンプライアンス違反を起こすような弱みを持っている、例えばギャンブル中毒とか、そういう人たちは直さないといけませんが、そうでない限りは、やはり強みをとことん伸ばして、「『塩野義の中で、ここは1番だ』というのを作りなよ」と話しています。

 「1番だ」というものを持っている人は強いですよ。だから、それを自信にして、次にいろいろなことにも展開できるので、何とかここは1番だというものを見つけてほしいと思っています。特に、40歳ぐらいまでの間は、そこで自分を成り立たせるような努力をしたらどうかと話しています。

この先のポイント
  • ●人生100年時代、「40歳」までが重要な理由
  • ●なぜ、飲み会幹事がマネジメントに向いているのか

>>有料会員にご登録いただくと、続きを動画でご覧いただけます

>>雑誌に掲載した経営教室