全842文字
塩野義製薬を高収益企業へと大改革をした手代木功社長の「経営教室」。第3回は、従業員は「家族」と同じと語る真意を手代木社長に聞く。2人の息子たちには、「俺が喜んで先に死ぬのはお前たち2人だけだ」と語っている手代木氏。経営者としては、従業員に対しても同じだと話す。
手代木功(てしろぎ・いさお) 塩野義製薬 社長
1959年12月宮城県生まれ。82年東京大学薬学部卒業、塩野義製薬入社。87年米国ニューヨークオフィス駐在。91年に帰国し開発渉外部に配属されるが、94~97年カプセル会社への出向で再び米国駐在。帰国後、社長室勤務を経て99年経営企画部長。社長の塩野元三氏(現会長)と二人三脚で塩野義の構造改革を進める。2004年医薬研究開発本部長、06年専務執行役員、08年4月社長就任。(写真:的野弘路)
ラインアップ(全11回、毎週木曜日掲載)
  • 01 「手代木マジック」前夜、社内はやさぐれていた
  • 02 従業員には隠さず「本当のこと」を話す
  • 03 従業員のためなら死ねる
  • 04 社風改革の前に、まずコストに切り込む
  • 05 飲み会の幹事が得意な人はマネジメント向き
  • 06 勉強が習慣になっていない幹部は失格
  • 07 「ミュージックフェア」を支援し続ける理由
  • 08 研究部門の議論を社内に公開
  • 09 従業員のために発信力を高める
  • 10 業界の常識は世間の非常識
  • 11 手代木流・リーダーの心得とは
※今後の内容は変わることがあります
>> 一覧

 うちの子供たちに言っていることは、これはたぶん、掛け値なしに彼らも分かっていると思いますが、『タイタニック』ではないけれど、「今から海に落ちて1人だけ生き残れるときに、俺が喜んで先に死ぬのはお前たち2人だけだ。それ以外は知らん」ということです。

 「俺も何とか生き残ろうと頑張るけれど、お前ら2人は、何か計算とかではなくて、こっちが死んでも、こいつらを残さなきゃダメだということが、本能的に納得できる世界だ」ということです。そういう、“最後の愛情”というのは、たぶん分かってくれているんだろうなと思います。

 従業員との関係も、『タイタニック』で死ぬときと同じだと思います。経営者としては、会社という船の中で沈むときに、まず死ぬのは自分だろうという思いはあります。

 やっぱり従業員は助けないといけない。

この先のポイント
  • ●社員の頑張りには報いる。ただし、もたれかかりは許さない
  • ●バットを手に持ち、勉強する長男の後ろに立っていた

>>有料会員にご登録いただくと、続きを動画でご覧いただけます