全2453文字
[画像のクリックで別ページへ]
[画像のクリックで別ページへ]

 ヒットしたビジネス書の著者に話を聞く本連載。4月16日から4回にわたって登場するのは、就活クチコミサイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリアの最高戦略責任者であり、作家の北野唯我氏。2018年に初の著書『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』(ダイヤモンド社)を刊行し、12万部のベストセラーを達成。2019年刊行の『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(日本経済新聞出版社)も9万部とヒットし、大きな反響を呼んでいる。

 『転職の思考法』では個人の働き方やキャリアに対して、『天才を殺す凡人』では日本企業の組織のあり方について一石を投じ、大きな反響を呼んだ。この2冊を通して北野氏が伝えたかったメッセージとは何か。話を聞いた。

北野唯我(きたの・ゆいが)氏
ワンキャリア最高戦略責任者兼レントヘッド代表取締役、作家 新卒で博報堂の経営企画局・経理財務局、ボストンコンサルティンググループを経験し、2016年ワンキャリアに参画し、最高戦略責任者に就任。2019年1月からは子会社代表取締役、社外IT企業の戦略顧問も兼務。デビュー作『転職の思考法』(ダイヤモンド社)は12万部を突破。2作目『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)は9万部を突破。1987年生。

『天才を殺す凡人』に共感する大企業のビジネスパーソンが多いようです。それだけ大企業では「天才」が殺されているのかもしれません。

北野氏(以下、北野):私はかつて、博報堂というグループ売上高が1兆円くらいある企業で経営企画をやっていました。

 そのとき、社内でイノベーションコンテストのようなものがあって、新たなイノベーションや新規事業を提案する企画を実施しました。私はそれをサポートする立場で関わっていました。片方には経営幹部などの管理側の人がいて、もう片方には、イノベーションコンテストに手を挙げた、若くてエネルギッシュな人たちがいる。そして、彼らは新規事業を提案する中で、財務KPIのようなものを報告していたりするんです。

 私はそれを客観的に見ていて、「絶対にこれは成功しないな」と感じました。

 というのも、財務のKPIと事業のKPIは全く違いますし、事業のKPIよりも先に、事業の「価値」が存在しているのだけれど、それを経営や財務といった管理側の人たちはほとんど理解していなかったんですね。

 当時の私は24歳くらいで、めちゃくちゃ生意気ではありますが、そんなふうに感じていました。それがなぜなのかという点を言語化することができなかったのだけれど、「大企業が社内で新規事業を立ち上げても、うまくいかないんだな」と思っていたんです。

 それはきっと、彼らが見ているKPIと、根本的に見るべきKPIが違うのだけれど、それを一緒くたにしているのが問題なのだと思ったんです。

 大企業のイノベーションを起こそうというときに、例えば目標を営業利益100億円と据えたときに、新規事業なのに、始めてから3年後に30億円とか40億円の営業利益をつくってください、となって、新規事業チームが立ち上がったりしますよね。

 スタートアップの人間からすると、「そんなの不可能だよ」という話ですよ。そんなことができたら、もう天才起業家ですし、そんな将来性ある事業を大企業に勤めながらやる必要はない。起業した方が、一瞬で数百億円や数千億円のお金持ちになれますよね。

 つまりそれって、やっぱり財務のKPIでしか見ていないということなんです。言い換えればそれは、天才たちが頑張った後で生きてきた人たちが見ている数字であり、見ている価値観なんだと思います。

 それを『天才を殺す凡人』では分かりやすくストーリー形式で描きました。この本の中に、天才起業家とそれに対抗する秀才型の優秀な人が登場しますが、2人のディスカッションというのはまさにそれを描いています。