全11221文字

組織が「個」に合わせる世界に

北野:人事の仕事にはいろいろな領域があります。新卒採用や中途採用といった人を採る仕事もあれば、労務管理から評価・給与の仕組み作りまで。その中でも特にこの先、大きく変わりそうなのはどういった部分でしょうか。

古川:ありきたりですが、いち早く変わるだろうと思っているのは、若い世代の終身雇用に対するキャリア観と、日本企業が今まで大事にしていた年功序列という仕組みそのものでしょう。では終身雇用や年功序列が終わった時、どのような形で人材を最大限に生かしていくのか。私たちはどうやって強くなっていくのか。これが最も大きな課題ですね。

北野:若い社員のキャリア観は変わっていると感じているのですね。

古川:明確に変わっています。今ではうちの会社でも若手社員がベンチャー企業に転職していたりします。私個人としては、日本人としてうれしい気持ちもあります。うちのような安定した大企業を出て、リスクを取って挑戦する日本人が増えることは心強いですよね。

 ただ同時に、彼らがほかに出ていかないと実現できないことがあるとすれば、それを三井物産はできていないんじゃないか、という心配もあります。だとすると、それは私たちに課題があるのだから、何かを変えていかなくてはいけない、と。

 時々、「ゆくゆくはベンチャーで働きたいけれど、社会人としての初期教育として日本の大手企業で働きたい」という学生がいます。私は彼らにはっきりと「そんなことは時間のムダだから、ベンチャーで働きたいなら最初からベンチャーを受けなさい」と言っています。

 もし明確に自分のやりたいことがあって、起業をできる環境も整っているなら、それはすぐにでも挑戦した方がいい。小さい事業規模からのスタートにはなるけれど、きっと自分で選んだ道を歩む方が満足できるはずです。

 一方、弊社でできるのは、ある意味では壮大なプロジェクト、国を動かすようなプロジェクトです。もちろん小さなものから始まるビジネスは多々ありますが、目指すのは、業界全体を変えていくようなもの。そういうものを志すなら、商社に来ればいい。

 若い世代のキャリア観はすさまじい勢いで変わっているので、私たちも彼らに対して、三井物産で働くことがどういうことなのかをきちんと説明しないと、入社後に大きなギャップが生まれてしまいます。ですから面接ではしょっちゅう、「本当にうちの会社でいいんですか?」と聞いています。強みをアピールするよりも「うちの会社でいいのか」と(笑)。

妹川:私も学生の就労観や価値観は大きく変わっていると感じています。ただそれも、私たちから見ると変化しているのだけれど、彼らにしてみればそれが普通なんですよね。

 だとすれば、その「普通」を受けて、企業も変わらなくてはならない。これまでは「個」を組織に合わせる仕組みが中心でしたが、これから先は組織を「個」に合わせる仕組みを作っていかないといけないと感じています。

 そして、組織を「個」に合わせるためには双方が大人の関係にならなくてはなりません。つまり「個」も自立・自律しなくてはならない。聞く耳を持つ、言い換えればメタ認知を実践できる人であるということ。そんな大人の関係性が構築できれば、組織が「個」に合わせることができるのではないでしょうか。

「面接の達人」を採用したいわけではない

北野:私たちは就活クチコミサイト「ONE CAREER」で、過去に書類選考を通過したES(エントリーシート)を無料で公開しています。就活の透明化が必要であると考えた上での判断でしたが、実際に企業の人事責任者からご覧になって、我々の取り組みはどのように映っているのでしょうか。おそらくひと昔前であれば、激怒する企業も多かったのではないかと思います。

古川:悪いことではないと思いますよ。採用の流れを公開されているのも問題ありません。書かれて困るようなことは何もしていませんから。

 ただ一つ思うのは、今の就職活動はすごい情報戦になっています。そして情報戦になっているがゆえに、あまりにも準備をしすぎてしまう学生が多い。私たちは何も、面接の達人を採用しようと思っているわけではありません。そこを見極めるのが大変ではありますね。同時に内定を取るための準備としていろんな情報を集めるのは、本質的には何か違うんじゃないかとも思っています。

 採用の流れが透明化されるのはいいと思いますし、私たちも正直、ESをなくしたいとも思っています。極端な話、ESをしっかりチェックするより、私たちは皆さんの本質を見抜くことに時間を費やしたい。ですから逆に学生の皆さんもそこまで準備しすぎない方がいいんじゃないかな、とも感じています。

妹川:ESについては、私も似たような感覚を覚えています。ツールとしてはあってもいいけれど、結局私たちが知りたいのは、学生ご本人のことです。皆さんがその姿を表現できる手段として、ほかにも何かないだろうかとずっと考えてきました。そんな方法が見つかれば、変えていきたいとも思っています。

 企業の採用が透明化されるのも歓迎すべきことです。つまり私たちも透明化していかなくてはいけない。「JTってどういう会社なのかな」「ここで働くと、自分の人生はどんなふうにデザインされるのかな」と学生が自分で考えられるように、「解かる」ためではなくて、「判る」ための透明化として、私たちは情報を伝えていかないといけない、と思っています。

以下の記事も併せてお読みください