変わる学生の人気企業ランキング

北野:私たちの運営する就活クチコミサイト「ONE CAREER」では、学生が気になる企業を「お気に入り」に登録できる機能があります。そしてこれが、2020年卒の学生がお気に入りに登録した企業のランキングです。

■就活クチコミサイト「ONE CAREER」の学生お気に入り登録企業ランキング
1位伊藤忠商事
2位三菱商事
3位三井物産
4位全日本空輸(ANA)
5位日本航空(JAL)
6位丸紅
7位アクセンチュア
8位住友商事
9位電通
10位野村総合研究所
11位アビームコンサルティング
12位P&Gジャパン
13位KPMGコンサルティング
14位サントリーホールディングス
15位サイバーエージェント
16位東京海上日動火災保険
17位博報堂DYグループ
18位三菱地所
19位味の素
20位資生堂
21位三井不動産
22位双日
23位富士フイルム
24位キリンホールディングス
25位デロイト トーマツ コンサルティング
26位日本IBM
27位ネスレ日本
28位キーエンス
29位PwCコンサルティング・PwCアドバイザリー
30位アマゾンジャパン
31位豊田通商
32位ユニリーバ・ジャパン
33位ソニー
34位楽天
35位パナソニック
36位ボストン コンサルティング グループ
37位マッキンゼー・アンド・カンパニー
38位花王
39位リクルート
40位野村證券
41位日本ロレアル
42位JR東海(東海旅客鉄道)
43位三井住友銀行
44位明治
45位トヨタ自動車
46位三菱UFJ銀行
47位ジョンソン・エンド・ジョンソン
48位グーグル(Google)
49位ベイン・アンド・カンパニー
50位日立製作所
出所:ワンキャリア(2019年2月21日時点)

北野:長く変わらず上位に入る企業もありますよね。商社や航空会社などは定番と言えるでしょう。一方で、この総合ランキングにアクセンチュアも入るようになっています。おそらく「外資」「IT」「コンサル」という3つの切り口から同社に入りたいと思う学生が多いのでしょう。野村総研なども同じ考え方で好まれる企業です。

 面白いのは、一部のIT企業が、この人気ランキングで上位に入ってきていることです。例えば15位にはサイバーエージェントが入っていますし、30位にはアマゾンジャパンが、34位には楽天などが加わってきています。

IT企業が加わっているのが、新しい傾向なのですね。

北野:この数年で変わった部分は3つあると思っています。1つは、先ほども触れた大手コンサルが上位に入ってきたこと。特にこの2~3年はコンサルが東大や京大、慶応や早稲田の学生に人気になっています。

 2つ目がサイバーエージェントやアマゾンジャパンという、いわゆるIT企業が総合ランキングでも、上位に入ってくるようになったこと。

 そして3つ目が、かつて人気のあったテレビ局や出版社といったメディア企業が、上位ランキングから姿を消したことです。電通や博報堂といった広告代理店は、まだランキングには入っています。けれど、かつては常連入りしていた大手のテレビ局や出版社は、もうランキングの下位の方に下がってしまいました。

次ページ 内定を取るためだけの不毛な手間