全2469文字

 スタートアップ企業から大企業まで、経営者や経営幹部、各分野のリーダーたちが集結して、ビジネスコンテストやトークセッションなどを繰り広げる「Industry Co-Creation(ICC)サミット」。大きな影響力を持つこのイベントで、旬の起業家・経営者たちは何を語り合っているのか。またビジネスコンテストでは、どのようなスタートアップ企業が注目を集めたのか。日経ビジネスでは、2019年2月に福岡で開催された「ICCサミット FUKUOKA 2019」を取材。同サミットで注目を集めた起業家のインタビューや、話題を集めた旬の経営者たちのトークセッションを紹介する。今、実際にイノベーションを起こしている起業家、経営者たちの視点を知れば、新時代のビジネストレンドが見えてくる。

 「ICCサミット FUKUOKA 2019」では開催期間中に、計70以上のセッションが開催された。その中でもサミット終了後の参加者投票で3番目に満足度が高かったのが、「『よなよなエール』も実践! 仲山進也のチームビルディング講座」だった。楽天大学学長の仲山進也氏が提唱する「チームビルディング」の実践によって組織を立て直したというヤッホーブルーイングの井手直行社長(井手社長の詳細は「ビール文化の熱き伝道師」に詳しい)。本来、仲山氏のプログラムは3カ月間だが、そのダイジェスト版を120分で体験できるとあって、会場は満員。熱気あふれる中で、講座がスタートした。一体、どういった内容だったのだろうか。今回はその後編。

(構成/宮本恵理子、情報は、2019年2月20日の取材時点)

仲山考材代表で楽天大学学長の仲山進也氏(写真左)と、ヤッホーブルーイング代表取締役社長の井手直行氏(写真右)

 昨日の記事 前編(「フラフープで熱狂! 仲山進也のチームビルディング」)では、楽天大学学長の仲山進也氏が提唱する「チームビルディング」とはどういったものなのか、その一部を体験するアクティビティーの様子を紹介した。

 このセッションにスペシャルゲストとして参加したのが、ヤッホーブルーイングの代表取締役社長・井手直行氏。同社は仲山氏のチームビルディング講座を実際に受けた後、見事に業績回復を遂げて、現在まで「14期連続増収増益」を継続している。しかしそもそも、なぜヤッホーブルーイングは仲山氏のチームビルディングを受けようと思ったのだろうか。

 それは、井手氏が、組織改革の必要性を強く感じていたからだった。

 地ビールブームが去った後の売り上げ低迷を、ネット販売のテコ入れ戦略によって乗り越えた後、井手氏は「数字は回復させても、人の力が回復していない」と危機感を抱いていた。赤字が続いた時期には社員の半分以上が辞め、残った社員は疲れ切った顔をしていたという。

 「当時の朝礼はみんなが下を向いていて、お通夜みたいでした」と井手氏は振り返る。そこでわらにすがる思いで受講したのが、かねて評判を聞いていた仲山氏の講座だった。

 「人生が変わったと言ってもいいほど感動して、その後、見よう見まねで自分が講師役になって、社員向けの研修を実施するようになりました。1クールに3カ月かける大がかりな研修で、これまで9年かけて、80人以上が受けてきました。つまり、正社員はほぼ全員、受けたことになります。研修期間中は業務に注力できるマンパワーは減るので、最初は大反発を食らいましたが、『チームづくりは会社の成長のために重要だ』と言い続けて、今に至ります」と井手氏は明かした。