スタートアップ企業から大企業まで、経営者や経営幹部、各分野のリーダーたちが集結して、ビジネスコンテストやトークセッションなどを繰り広げる「Industry Co-Creation(ICC)サミット」。大きな影響力を持つこのイベントで、旬の起業家・経営者たちは何を語り合っているのか。またビジネスコンテストでは、どのようなスタートアップ企業が注目を集めたのか。日経ビジネスでは、2019年2月に福岡で開催された「ICCサミット FUKUOKA 2019」を取材。同サミットで注目を集めた起業家のインタビューや、話題を集めた旬の経営者たちのトークセッションを紹介する。今、実際にイノベーションを起こしている起業家、経営者たちの視点を知れば、新時代のビジネストレンドが見えてくる。

 「ICCサミット FUKUOKA 2019」では開催期間中に、計70以上のセッションが開催された。その中でもサミット終了後の参加者投票で3番目に満足度が高かったのが「『よなよなエール』も実践! 仲山進也のチームビルディング講座」だった。楽天大学学長の仲山進也氏が提唱する「チームビルディング」の実践によって組織を立て直したというヤッホーブルーイングの井手直行社長(井手社長の詳細は「ビール文化の熱き伝道師」に詳しい)。本来、仲山氏のプログラムは3カ月間だが、そのダイジェスト版を120分で体験できるとあって、会場は満員。熱気あふれる中で、講座がスタートした。一体、どういった内容だったのか。

(構成/宮本恵理子、情報は、2019年2月20日の取材時点)

仲山考材代表で楽天大学学長の仲山進也氏(写真右)と、ヤッホーブルーイング代表取締役社長の井手直行氏(写真左)
仲山考材代表で楽天大学学長の仲山進也氏(写真右)と、ヤッホーブルーイング代表取締役社長の井手直行氏(写真左)

 環境変化の激しい時代、メンバーが自走しながら新たな価値の提供や課題に立ち向かえる「チームビルディング」は、業界を超えて大きな注目テーマとなっている。「ICCサミット FUKUOKA 2019」で開催されたセッションの中でも、定員を上回る参加希望が集まり、話題になっていたのが、楽天大学学長・仲山考材代表の仲山進也氏によるチームビルディング講座だった。

 ワークショップスタイルで進んだ同セッションのスペシャルゲストには、仲山氏のチームビルディング講座を実際に受けた後、見事に業績回復を遂げて、現在まで「14期連続増収増益」を継続しているクラフトビールメーカー、ヤッホーブルーイングの代表取締役社長・井手直行氏が登場した。

 同社に限らず、楽天市場に出店する多くの経営者の「チームづくり」をサポートしてきた独自のメソッドの、“肝”が公開された。

 定員を超える50人ほどが集まった会場は、開始前から熱気にあふれていた。「今日はほんの触りですが」と前置きした上で、仲山氏はまず、参加者を3チームに分けて、互いに名前を覚えるアクティビティーをスタート。

 事前に記入したネームカード(参加者がそれぞれ、「呼んでほしい名前」と「偏愛(いくらでも語れる興味・関心ごと)するもののキーワード」を書き込んでいる)を見て、7分間で、十数人分の顔と名前をインプットするというものだ。

 その後でチームごとに輪になり、1人ずつ輪の中央へ。中央に立った人は、自分を囲んでいるほかのメンバーたちの名前を、すべて言い当てる“名前当てワーク”を順番に実施する。この時点で既に、初対面の人同士の会場はワイワイと盛り上がっている。

 「名前を覚えるだけでもこんなに盛り上がるとは、今日はやりやすいです(笑)。さて、本番のアクティビティーを始めましょうか」

 そう言って仲山氏が取り出したのは、カラフルなフラフープ。3チームそれぞれに1つのフラフープが配られ、再度、チームごとに輪になってもらう。

 「フラフープを全員で支えて、床に着くまで下げるというカンタンなお仕事です。ただし、フラフープをつかんだり、上から押したりするのはダメ。片手の人差し指でフラフープを下から支えたまま、下げていきます。メンバー全員の指が床に着いたらゴールです」

 「始める位置は、一番背の低い人の肩の高さから。下ろす途中に誰かの指が少しでもフラフープから離れたら、最初からやり直してください。では、スタート!」

 説明を聞く限りでは、極めてシンプルなゲームのように感じる。だが、いざ始めてみると、なかなかうまくいかない。

続きを読む 2/5 フラフープ1つでこんなに盛り上がる!?