全9200文字

 スタートアップ企業から大企業まで、経営者や経営幹部、各分野のリーダーたちが集まってビジネスコンテストやトークセッションなどを繰り広げる「Industry Co-Creation(ICC)サミット」。大きな影響力を持つこのイベントで、旬の起業家・経営者たちは何を語り合っているのか。またビジネスコンテストでは、どのようなスタートアップ企業が注目を集めたのか。

 日経ビジネスでは、2019年2月に福岡で開催された「ICCサミット FUKUOKA 2019」を取材。同サミットで注目を集めた起業家たちのインタビューや、話題を集めた旬の経営者たちのトークセッションを紹介する。今、イノベーションを起こしている起業家、経営者たちの視点を知れば、新時代のビジネストレンドが見えてくる。

 「ICCサミット FUKUOKA 2019」では開催期間中、計70以上のセッションが開催された。その中でもサミット終了後の参加者投票で最も満足度が高かったのが、イベント最終日に開催された「『子育て経営学』―私たちは子供をどう育てていくのか?」だった。日経ビジネス電子版で連載中の「僕らの子育て」をベースに、2018年には書籍『子育て経営学』も発売されている。

 本書とタッグを組んだトークセッションの満足度が高かったという事実からは、「子育て」と「人育て」に深い関係があることが見えてくる。果たして、どんなトークセッションだったのだろうか。

(構成/宮本恵理子)

トークセッションに登壇した6人。(右から)早稲田大学ビジネススクール准教授・入山章栄氏、リブライトパートナーズ代表パートナー・蛯原健氏、ポピンズ代表取締役社長・轟麻衣子氏、楽天CPO(チーフ・ピープル・オフィサー)・小林正忠氏、太宰府天満宮権宮司・西高辻信宏氏、そしてモデレーターを務めたUBS証券マネージングディレクターの武田純人氏

UBS証券マネージングディレクター・武田純人氏(以下、武田):皆さん、おはようございます!今回、書籍『子育て経営学』とICCのコラボによって、第一線で活躍する経営者の皆さんと、子育てについてディスカッションするという機会を得ました。おそらくこれは、日本で初めての試みではないかと思います。

 

 私は本職が証券アナリストですので、何でも「リサーチと分析」から始めます。今回もセッションに臨むに当たって、ICCサミットの休み時間を使っては、いろんな会場に出向いては会う方々に子育てについてリサーチをしました。すると皆さん、話しだすと止まらないんです。熱いんです。1人当たり30分以上話して、僕も止まらなくなる。ということで、1つの仮説が生まれました。これです。

「子育てはメガトレンドである」

(会場とステージから拍手喝采)

武田:いや、真面目にそう思っております。では私の仮説が正しいのかを検証すべく、5人にお話を伺っていきましょう。最初に伺いたいテーマは、「わが家の子育ての工夫」について。特にこだわっているポイントや大事にしている習慣を教えてください。

早稲田大学ビジネススクール准教授・入山章栄氏(以下、入山):私は11歳の長男と7歳の長女を、共働きの妻と育てています。妻は開発援助系の政府機関で働いていまして、海外出張もあり、夫婦ともに忙しい日々です。忙しいのですが、僕は比較的、勤務時間を自分で管理しやすい研究者という立場をフル活用して、毎週月曜は在宅勤務と決めていて夕食作りを担当しています。

一同:すごい!

入山:といっても、作るのはほぼ毎回ホットプレート料理です。そして、なんといっても「焼きそば」は最高なわけです(笑)。プレートを温めたら、豚肉1kgをジャーッと焼いて、まずは僕がビールとともにいただきます。肉がほどよく減ってきたら、キャベツと麺を入れて混ぜれば完成。子どもたちを呼んで食べさせる。

 糖質制限ダイエット中の僕は、2人が焼きそばを食べる様子を眺めて、ほほ笑ましい姿を写真に撮って、SNSにアップしていたところ、編集者とライターの方の目に留まり、『子育て経営学』につながる連載の企画に至ったと聞いております。 前置きが長くなりましたが、僕の子育ての工夫の1つはこれです。

「金で解決」

(会場どよめきと爆笑)

武田:いきなりすごいキーワードが来ましたね(笑)。