ガソリン価格の上昇を抑えるため、石油元売りに補助金を出す――。政府が打ち出したこの方針にネット上で批判が噴出している。かねて「二重課税ではないか」との指摘もある高負担のガソリン税制には手を付けず、実効性が不確かな補助金が持ち出されたことへの不満が根底にある。脱炭素のうねりが強まっている今、ガソリン課税のあり方も含めて最適解を探る必要がある。

 「そんなことより減税して」「ガソリンへの二重課税をやめれば解決する」「小手先の補助金なんて意味がない」――。11月16日に萩生田光一経済産業相がガソリン補助金の考えを打ち出すと、SNS(交流サイト)やニュースサイトのコメント欄にはこうした書き込みがずらりと並んだ。

レギュラーガソリンを1リットル171円で販売する東京都内のガソリンスタンド(11月10日=写真:アフロ)
レギュラーガソリンを1リットル171円で販売する東京都内のガソリンスタンド(11月10日=写真:アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2409文字 / 全文2735文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。