全4529文字

 孤立したキャンパス内では、食料確保に困難が生じている。大量の催涙弾によって大学の水が汚染されたという噂もあり、水の確保も問題となっている。さらに、警察が再度大学に侵入した場合は、これまでよりさらに激しい抗争も予測される。

食堂では残飯の供給も

 11月13日、香港中文大学は今学期の授業再開の断念を決定した。他の大学でも残りの授業を全てオンラインに置き換えるなど同様の動きがある。こうした状況の中、大学や香港を脱出しようとする学生は多い。大学側は大学から数km先の場所に空港などへのシャトルバスを用意しているが、その乗り場まで行くのも簡単ではない。自由時報電子報の報道によれば、台湾の大陸委員会が香港出先機関を通して台湾人学生を帰国させようとしたが、10人ほどが「交通事情などの突発的事情」により予定していた航空機に搭乗できなかったようだ。

 日本人留学生も次の衝突が起きる前にと、大学や領事館が用意した車両に時に獣道を歩いてたどり着き、大学からの脱出を図っている。50人ほどの日本人学生のほとんどは、日本もしくは隣接する深圳への避難を決めた。筆者も脱出のための経路探しなどを支援した。そのうちの一人のインタビューはNHKで報じられており、そのほかのメディアも帰国しようとする留学生を取材していた。50人のうち香港を出なかったのは、私を含めて3人のみである。中国本土から来ている学生に対しては、共産党青年団をはじめ複数の機関が宿泊施設を無償提供している。

「組織化」された抗議活動

 抗議者は警察との再びの抗争に向けた準備に余念がないようだ。抗議者の仲間が集結しており、筆者が確認した中には中高生もいた。抗議者は入り口を徹底的に管理しており、学生証の確認や手荷物検査を行っている。さらにバリケードを築き、その代わりに狭くて人一人がやっと通れるような迂回路を作り出し、「安全」な通行を確保している。歩道として利用されていたレンガを掘り起こしてバリケードとして利用されたものもあった。車両通行を禁止し身分証を確認し、抗議者が自治を進めている様子を、地元紙は「『国境検査』が行われている」と報じている。

キャンパスへの通り道として狭い道のみを残す
レンガを使って警察の侵入を妨害