米メルクと米ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染症治療の飲み薬は、早期に服用すれば重症化や死亡のリスクを抑えられる効果が確認された。しかし、医師らは治療薬の効果とワクチンの予防効果を混同し、ワクチン接種をためらうことがあってはならないと、警鐘を鳴らしている。

 カイザー・ファミリー財団の調査によると、米国では成人の72%が1回目のワクチン接種を終えたが、その後の接種ペースは減速している。米国ではコロナワクチンの価値と安全性について、党派間で見解が分かれており、企業や州、連邦政府による接種義務化が接種を促進する半面、接種を巡る論争をあおった側面もある。

 経口治療薬の登場により、接種プログラムがさらに阻まれる可能性も指摘されている。ニューヨーク市立大学(CUNY)公衆衛生大学院が市民3000人を対象に行った調査では、治療薬が「ワクチン接種を進める取り組みの障害になりかねない」(CUNYの公衆衛生コミュニケーション専門家、スコット・ラットザン氏)との暫定結果が出た。

 ラットザン氏によると、調査対象の8人に1人は、ワクチンを接種されるよりも治療を受ける方がましだ、と答えた。「これは高い数値だ」と同氏は言う。

ファイザーは5日、新型コロナ治療薬「パクスロビッド」の臨床試験(治験)で、重症化とそれに続く死亡を89%抑える効果を確認したと発表した。これに先立ち、メルクなどは10月、抗ウイルス薬「モルヌピラビル」が重症化・死亡リスクを半分に抑えると発表。英当局は4日にモルヌピラビルを条件付きで承認した。
ファイザーは5日、新型コロナ治療薬「パクスロビッド」の臨床試験(治験)で、重症化とそれに続く死亡を89%抑える効果を確認したと発表した。これに先立ち、メルクなどは10月、抗ウイルス薬「モルヌピラビル」が重症化・死亡リスクを半分に抑えると発表。英当局は4日にモルヌピラビルを条件付きで承認した。

 ファイザーは5日、新型コロナ治療薬「パクスロビッド」の臨床試験(治験)で、重症化とそれに続く死亡を89%抑える効果を確認したと発表した。これに先立ち、メルクなどは10月、抗ウイルス薬「モルヌピラビル」が重症化・死亡リスクを半分に抑えると発表。英当局は4日にモルヌピラビルを条件付きで承認した。

次ページ 早期投与の難しさ