新型コロナウイルスの感染拡大で多くの企業が危機に陥っている。危機が迫ると視野が狭くなり、資金的にも厳しくなるため、社内の人材で事態を打開しようという「自前主義」に陥りがちだ。しかし、コロナ禍で広がったリモートワークを活用すれば、専門知識を持つ副業人材の力を借りることができる。人的リソースが限られる地方都市ほどメリットは大きく、創業100年に迫る老舗企業が改革を進めている。

オーナー企業の悪いところは自前主義

  1928年創業の萩原珈琲(神戸市)は職人による炭火焙煎(ばいせん)にこだわり、関西の喫茶店やレストランなど約1000件にコーヒー豆を卸してきた。コロナ禍で卸先の来店客が激減。4月の売上高は6割減まで落ち込み、足元も2割減と厳しい状況だ。

創業90年を超える萩原珈琲は炭火焙煎にこだわってきた
創業90年を超える萩原珈琲は炭火焙煎にこだわってきた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2295文字 / 全文2653文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Views」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。